NEW

パチスロ最も「設定6が入る」機種!? いまこそ「狙い目」の「激アツ」マシン!!

【この記事のキーワード】

,

パチスロ最も「設定6が入る」機種!? いまこそ「狙い目」の「激アツ」マシン!!の画像1

 最近ではユーザーの「パチスロ離れ」が話題となっており、ホールにも緊張が走っているようだ。

 5号機初期においても「パチスロ離れ」が深刻となった時期が存在。経営難に耐えられず倒産したホールは少なくなかった。

 当時、ホールは高設定台を多数用意したり、イベントを開催したりし、ユーザーを繋ぎ止めようと努力していた印象である。

 イベントが規制対象となった現在、ホールの対策手段は「高設定」をアピールすることに主軸をおいているようで、「設定配分が高くなった」と感じるユーザーも少なくない。

 等価交換が可能な「ある地域」においては顕著だ。交換率で利益が出せないためか、「万年設定1」のように思えた状況であったホールも高設定を投入している。

 その判断は困難ではない。6号機においては、高設定の挙動が明解な場合が存在するのである。

 例えば、大都技研の『Re:ゼロから始める異世界生活』だ。本機は設定の高低で、まるで別のマシンであるかのように挙動が異なる。

 設定1においては約70%でモードA(約777Gが天井のモード)に滞在し、ATは1000枚以上の獲得が多数だ。

 対して設定6においてはモードAの滞在率が約20%となり、ほとんどが引き戻しモード(250G以内に当選する天国モード)やモードB(約550Gが天井のモード)に滞在することとなり、ATも500枚以内の獲得が目立つ。

 つまり、低設定ほど波が大きく、高設定ほどジワジワと上昇していくようなスランプグラフを描きやすいのだ。

 この特性は、ホールが出玉をアピールしたい場合、非常に扱いやすい。

パチスロ最も「設定6が入る」機種!? いまこそ「狙い目」の「激アツ」マシン!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事