NEW

JRA川田将雅「屈辱」“最下位”掲示板確保…‥野路菊S(OP)単勝2.2倍ダノンシュネラ騎乗も、松山弘平の「作戦」に沈む

【この記事のキーワード】

, ,

JRA川田将雅「屈辱」最下位掲示板確保…‥野路菊S(OP)単勝2.2倍ダノンシュネラ騎乗も、松山弘平の「作戦」に沈むの画像1

 19日、中京競馬場で行われた野路菊S(OP)は、4番人気のホウオウアマゾン(牡2歳、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝。過去にワグネリアンやラブリーデイ、メイショウサムソンらが勝ち馬に名を連ねる出世レースを制した。

 5頭立てのレースということもあって、4番人気ながら伏兵扱いだったホウオウアマゾンは、やや出遅れ気味のスタートだったが、レース後に松山弘平騎手が「ヨーイドンになるよりは、いつでも動ける位置が欲しかった」と話した通り、果敢にハナへ。

 最初の600mを36.5秒という超スローに持ち込むと、最後の直線でも脚色が衰えないまま先頭でゴール。矢作調教師が「作戦勝ち」と振り返った通り、まさに“してやったり”のレースだった。

JRA川田将雅「屈辱」最下位掲示板確保…‥野路菊S(OP)単勝2.2倍ダノンシュネラ騎乗も、松山弘平の「作戦」に沈むの画像2

 その一方、そんな作戦にまんまとハマってしまったのか、川田将雅騎手が騎乗したダノンシュネラは単勝2.2倍の1番人気に推されながらも最下位に終わってしまった。

「スタート直後に隣のダディーズビビッドと接触したからなのか、終始馬が進んで行かなかった印象です。今の中京の芝は前がそう簡単に止まりませんし、ペースは超スロー。スタートで遅れて、位置取りが最後方になったのも痛かったですね。それにしても、まったく伸びませんでした」(競馬記者)

 皮肉にも勝ったホウオウアマゾンは前走、川田騎手の手綱で初勝利。人気的にもダノンシュネラの選択は当然と言えるかもしれないが、川田騎手にとっては屈辱の最下位による“掲示板確保”となってしまった。

 なお、ホウオウアマゾンはサウジアラビアロイヤルC(G3)、もしくはデイリー杯2歳S(G2)に向かう見込み。明暗が大きく分かれる結果となった。

JRA川田将雅「屈辱」“最下位”掲示板確保…‥野路菊S(OP)単勝2.2倍ダノンシュネラ騎乗も、松山弘平の「作戦」に沈むのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!