NEW

JRA【神戸新聞杯(G2)展望】無敗2冠馬コントレイルが登場!福永祐一が挙げた唯一の「課題」とは……対抗格に浮上するのは春のクラシック未出走組?

【この記事のキーワード】

, ,

【神戸新聞杯(G2)展望】無敗2冠馬コントレイルが登場!福永祐一が挙げた唯一の「課題」とは……対抗格に浮上するのは春のクラシック未出走組? の画像1

 27日(日)、今年は中京競馬場の2200mを舞台に菊花賞(G1)トライアルの神戸新聞杯(G2)が行われる。

 もちろん注目は無敗でのクラシック3冠を狙うコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。無敗の3冠馬誕生なら父ディープインパクト以来、15年ぶり。その父もこの神戸新聞杯をステップに3冠ロードを突き進んだ。

 16日(水)の1週前追い切りは、福永祐一騎手を背に栗東CWコースで6ハロン81秒2-ラスト12秒3の好時計をマーク。3頭併せの真ん中に進路をとると、終始楽な手応えで重賞勝ち馬のステイフーリッシュらを突き放した。

 追い切り後、福永騎手は「今日は(抜け出してから)ソラを使って、遊ぶ面を見せた。それ以外は言うことがなかった」と敢えて課題も挙げたが、まだ伸びしろがある証拠だろう。

「(1週前追い切りの)パワフルな脚色には、ひと夏を越えての成長を感じさせました。確かにソラを使った素振りを見せましたが、まだ1週前ですし、心配する必要はないと思います。前哨戦は、たとえ“遊ぶ面”を見せたとしても圧勝が期待されます」(競馬記者)

 無敗の3冠達成に向けて、ここはあくまでも通過点。テーマは「勝つかどうか」ではなく、「どういう勝ち方をするか」になるだろう。

【神戸新聞杯(G2)展望】無敗2冠馬コントレイルが登場!福永祐一が挙げた唯一の「課題」とは……対抗格に浮上するのは春のクラシック未出走組? の画像2

 コントレイルを脅かす最有力候補がヴェルトライゼンデ(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。前走の日本ダービー(G1)では、10番人気ながら3着に好走。しかしコントレイルには0秒8差つけられる完敗だった。

 レース後には全治3か月の骨折が判明すると、秋の始動戦として予定していたセントライト記念(G2)を熱発で回避。やや順調さに欠ける点は不安である。

【神戸新聞杯(G2)展望】無敗2冠馬コントレイルが登場!福永祐一が挙げた唯一の「課題」とは……対抗格に浮上するのは春のクラシック未出走組? の画像3

 ヴェルトライゼンデと同じく春のクラシック2戦に出走したマイラプソディ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)も再びコントレイルに挑む。

 マイラプソディはデビュー3連勝後、共同通信杯(G3)で4着に敗れると、皐月賞(G1)は13着、ダービーでも9着と不本意な成績で春シーズンを終えた。今回は武豊騎手に手綱が戻り、早熟説を払拭できるか、試金石の一戦となりそうだ。

 ヴェルトライゼンデとマイラプソディはコントレイルとの勝負付けが済んでいるが、未対戦の3頭の名前も挙げておきたい。

JRA【神戸新聞杯(G2)展望】無敗2冠馬コントレイルが登場!福永祐一が挙げた唯一の「課題」とは……対抗格に浮上するのは春のクラシック未出走組?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!