NEW

JRA藤原調教師「激怒」戸崎圭太はレッドベルオーブ「レコード圧勝」に何を思う? エポカドーロの半馬身から2年、大器はワグネリアン福永祐一の手に

【この記事のキーワード】

, ,

JRA藤原英昭調教師「激怒」戸崎圭太はレッドベルオーブ「レコード圧勝」に何を思う? エポカドーロの半馬身から2年、大器はワグネリアン福永祐一に手にの画像1

「ポテンシャルの高さは感じましたが……」

 19日、中京競馬場で行われた2歳未勝利は、福永祐一騎乗のレッドベルオーブ(牡2歳、栗東・藤原英昭厩舎)が、従来のレコードを1.1秒も更新するスーパーレコードで優勝。2着に3馬身半差をつける圧勝劇で、クラシック戦線に大きく名乗りを上げた。

 まさにライバルが気の毒になるほどの楽勝劇だった。

 最後の直線で福永騎手が、ムチを入れてゴーサインを送ると、あっという間に後続を引き離してゴール。レース後、鞍上から「次は重賞に挑戦してもいい」と強気なコメントが飛び出せば、レースを見守った藤原英昭調教師も「能力は確か。このまま経験を積ませて成長させていきたい」と、すでに大きな舞台を見据えている。

JRA藤原英昭調教師「激怒」戸崎圭太はレッドベルオーブ「レコード圧勝」に何を思う? エポカドーロの半馬身から2年、大器はワグネリアン福永祐一に手にの画像2

 その一方、前走のデビュー戦でレッドベルオーブに騎乗していた戸崎圭太騎手は、どのような心境でこのニュースを受け止めただろうか。

「あれだけスタート出たのなら、もっと前に行かないと……」

 今年8月、レッドベルオーブのデビュー戦で1番人気に支持されながらも2着に敗れた戸崎騎手に対してレース後、藤原調教師は気持ちを隠さなかった。

 本馬が所属する東京サラブレッドクラブの公式HPには「ジョッキーが調教に乗っていないので、気を使いながら折り合い重視になってしまった印象」と、関東のトップジョッキーを激しく叱責するコメントが掲載されている。最後には「乗り方ひとつで勝てていたでしょう」とまで言い切った。

「あくまでクラブ内(一口馬主に向けて)で発表されたコメントですが、ここまで言うのは珍しいと思います。レース後に戸崎騎手も『ポテンシャルの高さは感じましたが(アクセルを)踏み遅れてしまったのが悔やまれます』と後悔していた通り、藤原調教師にも思うところがあったんでしょうね。

レッドベルオーブがどれだけ高い能力を持っているのかは、今日のレースで証明されましたし、中山で騎乗していた戸崎騎手としても複雑な心境だと思いますよ」(競馬記者)

JRA藤原調教師「激怒」戸崎圭太はレッドベルオーブ「レコード圧勝」に何を思う? エポカドーロの半馬身から2年、大器はワグネリアン福永祐一の手にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!