NEW

JRA藤田菜七子も「協力」でシルク、サンデーレーシングと並ぶ2歳快進撃! 社台を動かした「ニシノ」西山茂行オーナーの相馬眼再び!?

【この記事のキーワード】

, ,

JRA藤田菜七子「快勝」でシルク、サンデーレーシングと並ぶ2歳快進撃! 社台を動かした「ニシノ」西山茂行オーナーの相馬眼再び!?の画像1

 20日、中山競馬場で行われた1R2歳未勝利は、藤田菜七子騎乗のニシノライトニングが1番人気に応えて初勝利。鞍上にとっては、昨日に続く開幕1Rの連勝劇となった。

 13頭立てで行われたダート1200mのレースで、好スタートを決めた藤田菜七子騎手とニシノライトニングは、迷わずハナ争いへ。内からバルネージュが激しく抵抗したため2番手となったが、すんなり好位を獲れたことが結果的に大きなアドバンテージとなった。

 最後の直線では苦しくなった逃げ馬を楽に交わして先頭へ。後方からビーマイベイビーが追い上げたものの、1馬身1/4まで迫ったところがゴールだった。

 レース後、藤田菜七子が「最後まで楽な手応えでしっかり走ってくれた」と話せば、自宅でレースを見守った西山茂行オーナーも自身のブログを更新して「藤田菜七子騎手に合っている馬」と相性を高く評価。今後が楽しみになる快勝劇だった。

 西山オーナーの好調ぶりは止まらない。さらに同じ中山で行われた4R新馬戦(芝1200m)では、セイウンエンプレス(牝2歳、美浦・本間忍厩舎)が優勝。9番人気の伏兵だったが、最後の直線で外に持ち出されると先行勢をまとめて飲み込んだ。

「ニシノ」や「セイウン」の冠名で知られるオーナーにとっては、嬉しいこの日2勝目となった。

「今年は西山オーナーの2歳馬が好調で、これで8勝目。勝ち星では、馬主リーディング常連のサンデーレーシングや、シルクレーシングと並ぶ活躍ぶりです。個人馬主でこれは驚愕の成績。今日のセイウンエンプレスのように穴をあける馬もいますし、今後も注目していきたいですね」(競馬記者)

 そんなオーナー快進撃を支えているのが、セイウンエンプレスの父でもあるリーチザクラウンだ。現役時代に臼田浩義オーナーから権利を譲渡された縁がある種牡馬だが、勝ち上がった2歳馬8頭の内、半数を占める4頭がリーチザクラウン産駒である。

「西山オーナーの勝ち上がった2歳馬で、サンデーサイレンス系の種牡馬はリーチザクラウンだけ。他にはアドマイヤムーンやトゥザワールド、スクリーンヒーロー、ローエングリンと実にバラエティに富んでいます。決して王道と言われる血統ではありませんが、それで結果を出すところがオーナーの凄い所ですよね」(別の記者)

 リーチザクラウンといえば、初年度産駒がデビューした2016年に1/2の権利を西山牧場から社台スタリオンに売却されるなど、今後の活躍がますます期待される存在だ。

 他にも、ほぼ無名だった種牡馬シェリフズスターから二冠馬セイウンスカイを輩出するなど、意外な血統から活躍馬を送り出してきた西山オーナー。今度はどんな“異端の大物”が登場するのか、その相馬眼と勢いから目が離せない。

JRA藤田菜七子も「協力」でシルク、サンデーレーシングと並ぶ2歳快進撃! 社台を動かした「ニシノ」西山茂行オーナーの相馬眼再び!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!