NEW

JRAセントライト記念(G2)バビット重賞連勝に2年目・団野大成の「痛過ぎた」代償。前走「当日落馬」で代打・内田博幸「これをバネにして」エールも……

【この記事のキーワード】

, ,

 ラジオNIKKEI賞では急遽の代打だったこともあり、次走は団野騎手との再コンビもあるのではないかと考えられていたが、陣営が決断したのは内田騎手とのコンビ続行だった。

「負傷により、騎乗を予定していたバビットが代打騎乗した内田騎手とのコンビで重賞を連勝したことは、団野騎手にとって痛恨だったでしょう。

ですが、大一番である菊花賞を考えた場合、かつてはリーディングを獲ったこともあるデテランの内田騎手との経験の差は大きいと判断されたのかもしれません。

内田騎手は菊花賞でゴールドシップを優勝に導いた実績もありますからね」(競馬記者)

 落馬負傷という不意のアクシデントによって、バビットを手放す格好となってしまった団野騎手ではあるが、内田騎手が言うようにまだまだこれからの若手騎手でもある。

 この試練を乗り越えて、団野騎手のこれからの飛躍に期待したい。

JRAセントライト記念(G2)バビット重賞連勝に2年目・団野大成の「痛過ぎた」代償。前走「当日落馬」で代打・内田博幸「これをバネにして」エールも……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!