NEW

JRAノーザンファームの“掟”が横山武史の「低迷理由」か。北海道開催「35勝」も、秋競馬わずか「2勝」の大不振……

【この記事のキーワード】

,

JRAノーザンファームの掟が横山武史の「低迷理由」か。北海道開催「35勝」も、秋競馬わずか「2勝」の大不振……の画像1

 19日から21日にかけて、中山・中京で3日間開催が行われた中央競馬。最終日は全投票法の払い戻し率が80%に設定されるJRAスーパープレミアムが実施され、競馬ファンにとって濃密な3日間となったのではないだろうか。

 この3日間で最多の7勝を挙げたのは川田将雅騎手。それに続く6勝は、C.ルメール騎手、福永祐一騎手、松山弘平騎手と、リーディング上位の4人が大活躍だった。

 その一方、関東リーディングトップの横山武史騎手はわずか1勝に終わった。

 この春、ウインマリリンでフローラS(G2)を制し、重賞初制覇を飾った横山武騎手。その後、函館の開催リーディング獲得、札幌開催はルメール騎手に次ぐ21勝を挙げ、北海道開催は通算35勝の大暴れだった。今年の大ブレイク騎手と言っても過言ではないだろう。

 だが、12日から始まった秋競馬はこれまでに2勝と、夏とは打って変わって鳴りを潜めている。単純に、3場開催から2場開催になることによって、トップジョッキー同士の対決が増えることも要因の一つであるが、どうやらそれ以外にも原因があるようだ。

 ある記者は「馬質」の変化について指摘する。

JRAノーザンファームの“掟”が横山武史の「低迷理由」か。北海道開催「35勝」も、秋競馬わずか「2勝」の大不振……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!