NEW

JRA池添謙一を巡る「女同士」の異種格闘技戦!? 「王道」VS「邪道」芦毛アイドル候補生による熱き戦いを見逃すな!

【この記事のキーワード】

, ,

JRA池添謙一を巡る「女同士」の異種格闘技戦!? 「王道」VS「邪道」芦毛アイドル候補生による熱き戦いを見逃すな!の画像1

 近年、アイドルホースとして脚光を浴びる「白毛」馬。

「青鹿毛」の父サンデーサイレンス、「鹿毛」の母ウェイブウインドとの間に、突然変異として産まれた「シラユキヒメ」からブームは始まった。

 しかし今は昔(?)、オールドファンならご存じの通り、アイドルホースといえば「芦毛」だったのだ。

 芦毛アイドルホースの元祖といえばオグリキャップ。同時代のタマモクロスやホワイトストーンも芦毛であり、ビワハヤヒデやセイウンスカイ、クロフネなど枚挙にいとまがない。

 近年でもゴールドシップという人気を博したスターホースはいたが、やはり見た目のインパクトという意味では「白毛」にはかなわないかもしれない。

 ただ、オールドファンなら待ち望んでいるのではないだろうか……「芦毛」のアイドルホースの再来を――

 2008年にデビューしたメイショウベルーガは2400mの長距離重賞を2勝。続く2009年にデビューしたカレンチャンはスプリンターズS(G1)、高松宮記念(G1)と1200mのスプリントG1を2勝した。

 同時期に活躍した「芦毛馬」の2頭は、決して相見える事のない舞台で活躍した競走馬だった。

JRA池添謙一を巡る「女同士」の異種格闘技戦!? 「王道」VS「邪道」芦毛アイドル候補生による熱き戦いを見逃すな!の画像2

 共通点は「毛色」と「鞍上」の池添謙一騎手。池添騎手で重賞を制した2頭にとって、お互いは池添騎手を巡る「恋敵」のような存在だったのかもしれない。

 そんな2頭もお互いに母となり、自らの血が通う仔馬を出産。

JRA池添謙一を巡る「女同士」の異種格闘技戦!? 「王道」VS「邪道」芦毛アイドル候補生による熱き戦いを見逃すな!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!