NEW

甘デジ「10万発」の快挙へ前進!?「マジのお座り一発」が炸裂で快進撃の予感!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ「10万発」の快挙へ前進!?「マジのお座り一発」が炸裂で快進撃の予感!!の画像1

 打ち始めてすぐに大当りを引く、いわゆる「お座り一発」、どれくらい経験したことがあるだろうか。

 ワンプッシュ以内とか広義のそれだと分子の数も増えるだろうが、本当の意味でのお座り一発、つまり最初の一回転で大当りするパターンとなるとかなり頻度は下がるはずである。

 かくいう私も何十年もパチンコを打ってきたが、真正リアルお座り一発を決めたのは、記憶にあるかぎり3、4回くらいだろうか。

 もちろん、打つ機種によっても難易度の多少があり、一概に言えるものではないが、甘デジを多用してきた昨今、もうちょっと体験できてもいいような気がする。

 まあ、それほど難しいというかまれな事象であるお座り一発を、微妙に運気が上がってきたかなと感じるこのタイミングで発動させたのである。事後諸葛亮と言われればそれまでだが、『Pほのかとクールポコと、ときどき武藤敬司』を前にした時、確信まで強いものではないものの、なにがしかの予感めいたものを嗅ぎ取ったのである。

 データ表示が示す回転数は149。ちょうど設定1の大当り確率分で、「そろそろ当りそうかな」というオカルティックルネッサンスを根拠に着席。玉を貸し出しハンドルをひねるも、スタート入賞までまあまあ手こずる。

 くそ、ハズレ調整か。そう思った束の間にヘソに玉が入ったかと思いきやにわかに液晶が騒がしくなる。「かるた乱舞予告」100到達から夢図柄テンパイで「群」が発生し、「ほのかの休日」経由で最強「かるた決戦リーチ」へ発展した。

 カットインが青だったので、「なるほど。ここまで盛り上げといてハズれるパターンね。はいはい」と性急な展開に気持ちがついていかずに半信半疑で見守っていたが、見事に図柄が3つ揃いし、着席後1回転で大当りを射止めたのである。

 さらに、勢いは止まらない。設定1でも継続率が約75%あるSTが当るわ当るわ連打の嵐。画面の両端に陣取る小野まじめが「当っちまったな」とはしゃぎまくるのである。

 結局、11連チャンで一撃5000発オーバーと、本企画はじまって以来の大爆発を記録したのである。

 それにしても、やはり100%STは良い。当たれば問答無用で連チャンにチャレンジできる安堵感は最高である。

 実は最近、プライベートで当たってもまったく確変とかRUSHに入らないことが続いていて、突破型のしんどさを大痛感することがあったので、その想いをことさら強く感じたのである。

甘デジ「10万発」の快挙へ前進!?「マジのお座り一発」が炸裂で快進撃の予感!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!