NEW

華原朋美、高嶋ちさ子に涙の全面謝罪!「虐待ではありませんでした」と説明も…ファンは「何が起きてるの?」と困惑

【この記事のキーワード】,

華原朋美、高嶋ちさ子に涙の全面謝罪! 「虐待ではありませんでした」と説明も…ファンは「何が起きてるの?」と困惑の画像1

 ベビーシッターの赤ちゃん虐待疑惑をめぐり、バイオリニストの高嶋ちさ子とのトラブルが報じられていた歌手の華原朋美が、自身のYouTube動画で全面謝罪した。泣きながら謝罪する姿にネット上で驚きと困惑の声が広がっている。

 華原は23日、自身のYouTubeチャンネルに「謝罪をもうしあげます」と題した動画を投稿。わずか30秒足らずの短い動画で、華原は「今回の件で、高嶋ちさ子さんへの謝罪と、尾木社長への謝罪をしたいと思います。ご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした」と切り出して頭を下げた。

 続けて「私の勘違いであり、そして、虐待ではありませんでした。そのことについて、ものすごく反省しております。大変申し訳ございませんでした!」と顔をしかめて涙ぐみながら、謝罪を繰り返した。

 華原は昨年8月に第一子となる長男を出産し、仕事復帰するにあたって友人の高嶋から70代のベビーシッター・Aさんを紹介してもらった。Aさんは高嶋の子どものシッターもしていた経験豊富なベテランだが、華原はAさんの言動に不審を抱き、留守中の部屋を監視するためにカメラを設置。すると、Aさんが哺乳瓶をくわえた赤ちゃんの両足をつかみ、逆さ吊りにしているシーンが映っていたという。

 華原は「虐待行為」として警察に通報するなどし、Aさんを紹介した高嶋にも抗議。だが、高嶋は「うちの子どもたちも、こうやってあやしてもらっていた」と反論し、「もしもこれを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ。しかも、こうやって監視していること自体恐ろしいです」と華原をいさめ、「そんな人とは絶対私は付き合えない」と絶縁宣言をしたとされる。

 これが週刊誌『FRIDAY』(講談社)で報じられると、記事の「赤ちゃんを逆さ吊り」というショッキングなフレーズや現場写真の影響もあって、華原には同情、高嶋には批判が集中した。ところが、今回の動画で華原は急転直下の全面謝罪となり、ネット上のファンから「一体どういうこと?」「子どもを逆さ吊りにされてなぜ謝る?」「何かの圧力で謝ってるの?」「何が起きてるのかまったく分からない」などと困惑の声が続出している。

「華原は8月いっぱいで所属していた老舗事務所『プロダクション尾木』を退所しましたが、実質的にはクビだったといわれています。華原は今回の動画で『尾木社長への謝罪をしたい』と言っていますが、これは同事務所の尾木徹社長のことでしょう。ということは、高嶋とのトラブルが契約解除の最大の理由だったと考えられる。前日の動画ではまったくそんな素振りはなかったのに、なぜ急に全面的に非を認めることになったのか……。具体的にどこが『勘違い』だったのか明らかにされていないため、ファンの間では『言わされているのでは』といった憶測まで広がる事態になっています」(芸能ライター)

 一方で「華原が勘違いから暴走した」との見方を裏付ける報道もある。『週刊女性PRIME』(主婦と生活社)の15日付の記事によると、華原の通報によって警察が介入し、さまざまな検証が行われた結果「虐待ではない」との結論が出たという。「すでに終わった話」だったにもかかわらず、華原が納得せずに週刊誌にネタを持ち込んで記事化され、今回の騒動に発展したとされる。

 華原に「警察の検証すら信用できない」という強い意志があったとすれば、急に「勘違いだった」として全面謝罪となったのは余計に不可解にも思える。果たして何があったのか。そして、高嶋と尾木社長は華原の謝罪を受け入れるのか。今後も騒動から目が離せなさそうだ。

華原朋美、高嶋ちさ子に涙の全面謝罪!「虐待ではありませんでした」と説明も…ファンは「何が起きてるの?」と困惑のページです。GJは、その他、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • その他
  • 総合
  1. 広瀬すず、広瀬アリス兄「逮捕」の衝撃……最悪の「交通事故内容」で姉妹のCMや「NHK朝ドラ」にも大影響?
  2. 西野七瀬に“不仲説”が再浮上!? 白石麻衣との「殴り合いMV」がアノ号泣騒動を想起
  3. 原幹恵「休業」は「高部あい薬物とばっちり」「経験人数3ケタ疑惑」のせい? 復活の時はくるのか
  4. yuiが離婚……壮絶「活動休止理由」と芸能界の闇……今後活躍が厳しい「根本の下手」とは
  5. 綾瀬はるかを「マジギレ」させた「バカ説」本田翼の失策!? 『奥様は、取り扱い注意』でせっかく「アッチ」は持ちこたえたのに……
  6. ホリエモン「マジこいつクソ」とSBI社長・北尾吉孝氏を糾弾に称賛? 10年以上前の「因縁戦争」終わらず?
  7. ワンオク「活動休止」も……ドラムTomoya「淫行」発覚。異常「性癖」に嫌悪感多数、世間の目厳しく
  8. 乃木坂46「最悪事件連発」で人気急落間近……「カメラ落下→平常開催」「レコ大デキ」に続き「大量投棄」も?
  9. 巨人「ノーノー達成」も選手は興覚め!? 球団に根付く確執……次期監督大本命・松井秀喜氏の「離反」によって誕生した高橋監督は権力の犠牲者?
  10. 「ユニバーサル」損賠賠償請求もパチスロ機低迷の地獄……『HANABI』『バーサス』人気誇るノーマル機「ネタ枯渇」が窮地にダメ押しか