NEW

JRA「回避」オールカマー(G2)フィエールマン「大目標ジャパンカップ」が危険のサイン!? 今秋のローテが昨夏の悪夢を呼び起こすか……

【この記事のキーワード】

,

JRAオールカマー(G2)フィエールマン「大目標ジャパンカップ」が危険のサイン!? 今秋のローテが昨夏の悪夢を呼び起こすか……の画像1

 27日(日)、1着馬に天皇賞・秋(G1)の優先出走権が与えられるオールカマー(G2)が中山競馬場で行われる。中心視されるのは、天皇賞・春(G1)以来の実戦となるフィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)だったが、残念ながら熱発により同レースを回避することとなった。

 フィエールマンは、2年前にキャリア4戦目で菊花賞(G1)を制覇。その後、昨年と今年の天皇賞・春を連覇したが、重賞勝ち鞍はこの3レースだけ。いずれも京都の長距離が舞台という生粋のステイヤーだ。

 引退後のことを考えると、是が非でも中距離G1を手にして、種牡馬としての価値を高めておきたいところだろう。そんなフィエールマン陣営は今秋の大目標としてジャパンカップ(G1)を挙げているが、これには疑問の声も聞かれる。

 フィエールマンにとって中山は今回が4走目と走り慣れた舞台。昨年の有馬記念(G1)ではハイペースを早めに仕掛け、見せ場たっぷりの4着に好走した実績もあり、1度しか走っていない東京より舞台は合うはず。今後の状態次第では有馬記念に矛先を変える可能性もあるかもしれない。

「中山コースは経験も豊富で、有馬記念の方が好走する確率は高いでしょうね。鞍上を巡る事情もあるのでしょうが、(ジャパンカップが行われる)東京2400mはフィエールマンにとって決して条件がいいとは思えません。ローテーション的にも有馬記念の方がいいと思うのですが……」(競馬誌ライター)

 競走馬として高い素質がありながら、今回の熱発回避が示す通り、若駒の頃から体質の弱さが指摘されてきたフィエールマン。これまで過保護といわれるほどレース間隔を空けて使われてきた。これまで1度の例外を除き、すべて2か月半以上の間隔を空けている。

 唯一の例外が昨夏の札幌記念(G2)と凱旋門賞(G1)の中6週(1か月半)というレース間隔だった。しかしフィエールマンは“壮行戦”の札幌記念で1番人気を裏切り、3着に敗れると、中6週の“強行軍”で臨んだ凱旋門賞は大差のシンガリに沈んだ。

「3着に敗れた札幌記念は、海外遠征を見据え、調整が軽すぎたことが敗因でしょう。昨年の札幌記念は確かに豪華メンバーがそろいましたが、同世代のブラストワンピースだけでなく、すでにピークを過ぎたように感じられたサングレーザーにも先着を許しました。さらに中6週で臨んだ凱旋門賞でも全く競馬にならず、評価は急落しました。

しかし帰国後はしっかり英気を養い、中10週で向かった有馬記念で再び好走。フィエールマンにとっては少なくとも2か月半、できれば3~4か月の間隔を空けるのがベストなのは間違いないです」(同)

 もし次走がジャパンカップなら、間隔は春の天皇賞以来、約半年ぶりの出走となるフィエールマン。今回のオールカマー回避は残念だが、余裕を持った調整期間はこの馬にとっては大きなプラスとなりそうだ。

JRA「回避」オールカマー(G2)フィエールマン「大目標ジャパンカップ」が危険のサイン!? 今秋のローテが昨夏の悪夢を呼び起こすか……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!