NEW

JRA川田将雅“人格改造”「なんで使ってきたんだ」から改心!? 秋華賞(G1)出走への望みを懸け松田国英厩舎からソフトフルートが出走

【この記事のキーワード】

, ,

JRA川田将雅人格改造「なんで使ってきたんだ」から改心!? 秋華賞(G1)出走への望みを懸け松田国英厩舎からソフトフルートが出走の画像1 あのマツクニこと、名伯楽・松田国英調教師も来週9月28日で70歳の節目を迎える。

 かつてはキングカメハメハやダイワスカーレット、タニノギムレットやクロフネといった歴史に残る名馬を次々と輩出した名伯楽も、JRAの規定によって今年が調教師としてのクラシックラストイヤーとなる。

 そんな師が今週、夕月特別(2勝クラス)に登録してきたのが、川田将雅騎手で出走を予定しているソフトフルート(牝3歳)だ。

 オーナーは、世界に名をはせるゴドルフィン。日本でも、ファインニードルやタワーオブロンドンなどのG1馬を所有しており、「ゴドルフィンブルー」といわれる青の勝負服で有名だ。

 あまり記憶にない松田調教師と川田騎手のコンビだが、『アサ芸プラス』(徳間書店)の記事で報じられているような事も原因としてあったのだろうか。

 記事によると、以前の川田騎手はその傲慢な態度から、競馬サークル内での印象が良くなかったという。トラックマンに「お前は」や、調教師にも「走れる状態じゃないのに、なんで使ってきたんだ」と、不満をあからさまにぶつけていたというから驚きだ。

 ただ、そんな川田騎手も近年になって改心。「今はそんな光景(傲慢な態度)は見られず、人当たりがよくなった」との事で、必然的にいい馬が回ってくるようになったと推測されている。

 最近ではトップジョッキーの仲間入りを果たし、リーディング上位に君臨する川田騎手だが、“人格改造”によって自ら掴み取った地位といえるだろう。

 松田厩舎と川田騎手といえば、師が競馬ライターの平松さとし氏の取材に「ハギノリュクスとタイムフライヤーの2頭出しで、最後にひと花咲かせたいと考えていますよ」と期待を寄せるハギノリュクスも、前走から川田騎手に乗り替わりとなった。

 当時、ハギノリュクスはまだ未勝利戦をやっと勝ったばかり。それにも関わらず、G1馬タイムフライヤーと並べて名前を出した事からも、ハギノリュクスと川田騎手とのコンビに対する期待の大きさがうかがい知れる。

 実際に、ハギノリュクスも含め「川田将雅×松田国英」のコンビは、2018年5月19日のマイスターシャーレから11戦連続で馬券圏内を外していない。松田調教師の信頼も厚いはずである。

 また、川田騎手の「騎乗スタイル」も以前とは変化。『アサ芸プラス』の記事では「馬のリズムを重視」「自分でペースを作る」ように変わったというが、これには1頭の名馬との出会いが関係しているようだ。

JRA川田将雅“人格改造”「なんで使ってきたんだ」から改心!? 秋華賞(G1)出走への望みを懸け松田国英厩舎からソフトフルートが出走のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!