NEW

JRA「病み上がり多数」オールカマー(G2)は”リハビリ競走”!? 単勝回収率「347%」新パートナーでジェネラーレウーノが「快気祝い」をあげるか

【この記事のキーワード】, ,

JRA「病み上がり多数」オールカマー(G2)はリハビリ競走!? 単勝回収率「347%」新パートナーでジェネラーレウーノが「快気祝い」をあげるかの画像1

 27日、中山競馬場でオールカマー(G2)が開催される。G1・3勝で実績最上位のフィエールマンが回避を表明したことで、混戦となりそうだ。

 今年のオールカマーの出走メンバーの特徴として、“病み上がり”の馬が多いことが挙げられる。

 脚部不安により休養をしていたオウケンムーンが1年11か月ぶり、右前浅屈腱炎により休養していたジェネラーレウーノが1年8か月ぶり、両前脚の骨折により休養していたサンアップルトンが6か月ぶりの出走となる。また、カレンブーケドールも京都記念(G2)以来、7か月ぶりの実戦となるため、出走馬9頭のうち4頭が長期休養明けという異例のメンバー構成だ。

JRA「病み上がり多数」オールカマー(G2)はリハビリ競走!? 単勝回収率「347%」新パートナーでジェネラーレウーノが「快気祝い」をあげるかの画像2

 その中でも、中山で重賞2勝の実績を持つジェネラーレウーノ(牡5歳、美浦・矢野英一厩舎)に期待したい。

 2018年の京成杯(G3)、セントライト記念(G2)を制しており、皐月賞(G1)でも3着に好走した中山巧者のジェネラーレウーノ。昨年のAJCC(G2)で4着に敗れて以来、1年8か月ぶりの復帰戦となるが、得意の中山コースは大歓迎のはずだ。

 1週前追い切りは美浦・坂路コースで4ハロン50秒6、ラスト12秒0の好時計をマーク。最終追い切りも同コースで4ハロン53秒1、ラスト11秒7と鋭く伸びており、久々でも状態面に不安はないだろう。

 今回、鞍上には新コンビとなる三浦皇成騎手を迎えることもプラスになりそうだ。

 矢野調教師は『netkeiba.com』の連載コラム『今週のFace』にて、新コンビについて言及している。詳細については本サイトを確認いただきたいのだが、「オーナーと相談して決めました。別に田辺裕信騎手が合わなかったわけではないですが、長く休んだタイミングでもありますし、手を替えることで、これまでとは違った新しいジェネラーレウーノの顔を見ることができれば」と明かしている。

 だが、近2走のレース内容が乗り替わりに影響しているという見方もある。

「これまで7戦続けてコンビを組んできた田辺騎手とコンビ解消となったのは、力を発揮できずに終わった菊花賞(G1)とAJCCに原因があるかもしれません。

菊花賞は逃げたジェネラーレウーノが超スローペースに落とし込み、最後は切れ味勝負になって9着。AJCCは2番手からレースを進めたんですが、逃げたステイインシアトルが超スローな流れを演出したことで、前走と同じように4着に敗れました。切れ味勝負はジェネラーレウーノにとって分が悪いので、不完全燃焼と言える内容でした。

今回、陣営が逃げ宣言をしているのは同じ轍を踏まないように、自ら流れを作るという作戦だと思います。矢野調教師が『難しい面もあるが、ジョッキーに任せたい』と話しているのは、三浦騎手への期待の表われに感じますね」(競馬記者)

JRA「病み上がり多数」オールカマー(G2)は”リハビリ競走”!? 単勝回収率「347%」新パートナーでジェネラーレウーノが「快気祝い」をあげるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  5. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  6. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  9. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  10. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?