NEW

JRA武豊・凱旋門賞挑戦でマテラスカイ東京盃(G2)「代打」C.ルメール騎手とコンビ結成!! あの「騎乗停止中」若手騎手他も無念の乗り替わりが……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊・凱旋門賞挑戦でマテラスカイ東京盃(G2)「代打」C.ルメール騎手とコンビ結成!! あの「騎乗停止中」若手騎手他も無念の乗り替わりが……の画像1
マテラスカイ 競馬つらつらより

 10月7日(水)に大井競馬場で開催される東京盃(G2)に出走予定のマテラスカイ(牡6、栗東・森秀行厩舎)の鞍上をC.ルメール騎手が務めることがわかった。コンビを組むのは2017年11月の円山特別(1000万下/8着)以来、約3年ぶりのことになる。

 マテラスカイは18年1月の頌春賞(1000万下)から武豊騎手とコンビを結成。以後は果敢にハナを奪いに行く積極的なスタイルで、プロキオンS(G3)制覇、JBCスプリント(G1)2着など結果を残してきた。

 しばらく勝ち星から遠ざかっていたものの、前走のクラスターC(G3)で直線の叩き合いを制し、半馬身差で優勝。約2年ぶりに勝利の美酒に酔っていた。

「前走で武豊騎手はマテラスカイで“逃げる”のではなく、他の逃げ馬に先手を譲り、2番手追走から抜け出してレコードVを達成。逃げ一辺倒だったマテラスカイで控えて勝利したため、『戦法に幅が出た』と改めて評価する声も上がり、ここからこのコンビのさらなる飛躍も期待されていました。

それなのにルメール騎手にスイッチ。武豊騎手にとって凱旋門賞挑戦は至上命題ですので、致し方ないところ。陣営としてもルメール騎手を確保できただけ良しとすべきかもしれません。

ただ、ルメール騎手がマテラスカイで逃げてしまえば、前走で控えた競馬をした意味がなくなってしまう可能性も……。陣営としてはいろんな問題を抱えて挑むことになりそうです」(競馬誌ライター)

 マテラスカイのルメール騎手への乗り替わりが注目されているが、東京盃ではもう1頭有力馬の鞍上が乗り替わることになりそうだ。

JRA武豊・凱旋門賞挑戦でマテラスカイ東京盃(G2)「代打」C.ルメール騎手とコンビ結成!! あの「騎乗停止中」若手騎手他も無念の乗り替わりが……の画像2

「東京スプリント(G3)でコパノキッキング、ヤマニンアンプリメらを抑えて勝利をあげたジャスティンですよ。昨年から坂井瑠星騎手が騎乗していましたが、先週の中京競馬場の金山特別(1勝クラス)でキングオブドラゴンに騎乗した際に大きく斜行。武豊騎手のエカテリンブルクの進路を塞いだとして、10月3日から11日までの騎乗停止処分が下っています。

今秋のJBCスプリントは大井競馬場で開催予定。東京盃はJBCスプリントの前哨戦的な位置付けですが、今年は同舞台での開催とあって、さらに重要度は高まっていました。それだけに坂井騎手もここで乗れないのは痛いですね。結果を残すことができれば、自身初となるG1勝利にもグッと近づいたハズなのですが……」(競馬誌ライター)

 秋の大一番を占う1戦で乗り替わりとなった2頭の運命やいかに!? 

JRA武豊・凱旋門賞挑戦でマテラスカイ東京盃(G2)「代打」C.ルメール騎手とコンビ結成!! あの「騎乗停止中」若手騎手他も無念の乗り替わりが……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!