NEW

甘デジ「スリリングなゲーム性」「同時抽選」など魅力は満載! 繰り広げる「特異な世界観」が妙にハマる!!

【この記事のキーワード】

, ,

甘デジ「スリリングなゲーム性」「同時抽選」など魅力は満載! 繰り広げる「特異な世界観」が妙にハマる!!の画像1

 タイアップが当然になったパチンコ業界では当たり前のようにメジャー作品や有名コンテンツが蝟集している。

『戦国BASARA』『とある魔術の禁書目録』『ハイスクール・フリート』『ルパン三世』『結城友奈は勇者である』『エヴァンゲリオン』『おそ松さん』と直近の新台を見てもこの陣容である。

 言うまでもなく、知名度が高ければそれに比例して耳目を集めるし、ファンに強く訴求できる。

 しかし、だからといってそれが人気の保証になるかといえばそうでもなく、一般的に知られていない版権がパチンコとしての面白さ、「パチンコ力(りょく)」で大ヒットすることも、もちろんある。

 その筆頭が『牙狼』で、パチンコ発のムーブメントが一般社会に逆輸入されるような興味深い事象もたびたび発生したりする。

 この謎にパチンコ界隈だけでハネたコンテンツとして私が一番印象に残っているのが『逃亡者おりん』、逃亡者と書いて「のがれもの」である。

 主演・青山倫子の醸し出す「陰」が象徴するように、全体を通して暗いイメージの作品で、登場人物がよく死ぬ異色の時代劇となるこの物語がなぜかシリーズ3作も続く根強い人気を持つパチンコ台となっているのである。

 その最新作『CR逃亡者おりん3』はライトミドルと甘デジの2タイプが3年前にリリースされたが、新台が一週間で“通路”となることも日常的な逆精神と時の部屋状態の本業界において、今なおホールに導入があるという事実だけでもその人気の一端を垣間見ることができよう。特に甘デジタイプは設置店舗もわりと多めで、まだまだファンを楽しませている。

 そんな本機の最大の特徴は、特図1特図2の同時抽選であろう。8個保留を搭載し、ヘソと電チューが並行して大当り抽選を展開しているのである。

 通常なら入賞順に1個ずつ変動を消化していくのだが、それを一緒に行うことで保留の消化効率がアップし、同じ時間でより多く回転させることができるようになっているのである。

 また、電チューのほうが最大ラウンド(10ラウンド)の割合が高いのでよりアツくなれるのだが、その電チュー抽選で期待度が高いパターンが抽選されると「割り込み御免」システムが発動し、いつもはミニデジタルで展開している電チューの演出がメインで繰り広げられるようになるのである。

 ほかに、もうひとつおもしろ機能が搭載されている。それが「ダイジェストモード」である。このモードは通常の演出を放棄してずーっと原作のシーンが流れっぱなしになるという画期的なアイデアで、2012年に放送された「逃亡者おりん2」のドラマ全11話がダイジェストで120分間見放題となるのである。

甘デジ「スリリングなゲーム性」「同時抽選」など魅力は満載! 繰り広げる「特異な世界観」が妙にハマる!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!