NEW

JRA福永祐一「破顔一笑」戸崎圭太「顔面蒼白」レッドベルオーブ狂想曲!? 武豊vs岩田康誠「仁義なきハナ争い」、「令和の穴騎手」&「代打ネ申」、順調コントレイルの裏に「歴代ホースマン」の英知【週末GJ人気記事総まとめ】

【この記事のキーワード】

, ,

JRA福永祐一「破顔一笑」戸崎圭太「顔面蒼白」レッドベルオーブ狂想曲!? 武豊vs岩田康誠「仁義なきハナ争い」、「令和の穴騎手」&「代打ネ申」、順調コントレイルの裏に「歴代ホースマン」の英知【週末GJ人気記事総まとめ】の画像1

 さまざまなGORAKUを心から愛する「GJ」。今回は、今週人気だった競馬記事を下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA福永祐一「破顔一笑」戸崎圭太「顔面蒼白」レッドベルオーブ狂想曲!? 武豊vs岩田康誠「仁義なきハナ争い」、「令和の穴騎手」&「代打ネ申」、順調コントレイルの裏に「歴代ホースマン」の英知【週末GJ人気記事総まとめ】の画像2

■JRA藤原調教師「激怒」戸崎圭太はレッドベルオーブ「レコード圧勝」に何を思う? エポカドーロの半馬身から2年、大器はワグネリアン福永祐一の手に

ライター「A」:福永祐一騎手のレッドベルオーブ(牡2歳、栗東・藤原英昭厩舎)が、2歳未勝利戦をスーパーレコードで優勝。その一方、同馬で挑戦した新馬戦で2着だった戸崎圭太騎手には冷たい視線が送られることになりました。

デスク「Y」:戸崎騎手は、藤原調教師から苦言を呈されていたよね。さらに今回も、東京サラブレッドクラブのHPで「まぁ普通に走ってくれれば能力はある馬なので。本当は前回しっかり勝って、2歳ステークスに行きたかったところでした」なんてチクリ。こ~わ~~い~~~。

ライター「A」:ただ戸崎騎手は『競馬ラボ』の『週刊!戸崎圭太』で、今年の復帰後、初めて藤原調教師の馬に乗る際に「怒られないようにしっかり乗りたいと思います(笑)」と語るなど、関係は悪くない様子です。

デスク「Y」:戸崎騎手に期待している分だけ厳しいのかな。それにデビュー戦でレッドベルオーブに土をつけたストゥーティがめちゃくちゃ強いのかもよ!? これからアルテミスS(G3)に向かうみたいだから、そこで真価がわかるかも?

ライター「A」:アルテミスSには札幌2歳S(G3)を勝ったソダシなどが出走予定。歴代の勝ち馬が牝馬クラシックを沸かせることも多い出世レースですし、今年も熱いレースが期待できそうです。

JRA福永祐一「破顔一笑」戸崎圭太「顔面蒼白」レッドベルオーブ狂想曲!? 武豊vs岩田康誠「仁義なきハナ争い」、「令和の穴騎手」&「代打ネ申」、順調コントレイルの裏に「歴代ホースマン」の英知【週末GJ人気記事総まとめ】の画像3

■JRA武豊「暴走」で2番人気まさかの殿負け……岩田康誠と「仁義なきハナ争い」で、同門メイショウ2騎が共倒れに

ライター「A」:ベテラン騎手ふたりがハナの奪い合いで一歩も引かずに自滅。ネット上では批判の声も上がりました。

デスク「Y」:武豊騎手はともかく岩田康騎手が心配だよぉ。今夏は突然、坊主頭になったり、自粛期間中に飲みに出て門限破りしたり……。ちょっとハッチャケすぎ。

ライター「A」:成績不振のために荒れているとも言われていますね。なんとか挽回したいところですが、今週の乗鞍は5鞍と少なく、また今月は重賞レースの騎乗が1回のみ。その機会さえも失われつつあるような……。

デスク「Y」:まだ46歳だよ! 息子たちもデビューしたばかりだし、このまま第一線からフェードアウトするには早いって! 以前みたいに、元アイドルが経営しているカフェにでも行って、心機一転頑張っていこ~!!(※該当記事

ライター「A」:また古いネタを……。

JRA福永祐一「破顔一笑」戸崎圭太「顔面蒼白」レッドベルオーブ狂想曲!? 武豊vs岩田康誠「仁義なきハナ争い」、「令和の穴騎手」&「代打ネ申」、順調コントレイルの裏に「歴代ホースマン」の英知【週末GJ人気記事総まとめ】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事