NEW

ダノンもグランもモズも怖くない! JRAスプリンターズSで買えない人気馬、買うべき「穴馬3頭」!

人気の一角グランアレグリアだが…

 今週は秋のG1シーズン開幕戦となる第54回スプリンターズステークス(G1)が行われる。過去にサクラバクシンオー、ロードカナロア、タイキシャトルなど歴史に残る名馬が勝利してきたJRAの短距離王決定戦だ。

 今年は昨年の優勝馬タワーオブロンドンが爪の不安で回避し、ダイアトニックに騎乗する予定だった武豊騎手は凱旋門賞の騎乗が決定したため不在。それでも2頭の高松宮記念馬モズスーパーフレアとミスターメロディ、アーモンドアイを負かして安田記念を制したグランアレグリア、前哨戦のセントウルステークスを勝利したダノンスマッシュ、サマースプリントシリーズのチャンピオンとなったレッドアンシェル、重賞勝ちの実績を持つダイアトニック、エイティーンガール、ビアンフェ、アウィルアウェイ、ライトオンキューなどハイレベルなメンバーが出走を予定している。

 人気の中心は3強と目されているグランアレグリア、ダノンスマッシュ、モズスーパーフレアだろうが、この3頭をまとめて負かす可能性のある「衝撃の穴馬」がいるとの話を耳にした。今回特別にその情報を教えてくれたのが、最強の競馬プロ予想集団といわれている「ホースメン会議」だ。驚くべきことに、彼らだけが知るスプリンターズステークスの状況は、スポーツ紙などでみられるマスコミの報道とはまったく正反対だったのである。

「マスコミはどうしても注目を集めやすい人気馬に取材や記事が集中してしまいますが、実際にこのスプリンターズステークスのカギを握るのは、3頭の穴馬です。

 調教師や騎手だけでなく、馬主にも顔が利く当社予想陣が見つけた穴の情報馬3頭は、馬券に絡めば10万馬券も狙えるほどの人気薄馬。10月はスプリンターズステークスの後に、秋華賞・菊花賞・天皇賞(秋)が控えていますが、自信度は10月のG1レースや重賞で一番になるのではという話です。

無観客開催が決定している中山で大波乱!?

 またスプリンターズステークスには、陣営から勝負話を得た際、高確率で万馬券の立役者になっているグランアレグリアが出走を予定しています。グランアレグリアと言えば、桜花賞の3万1810円的中、阪神カップの3万5220円的中に貢献した情報馬。的中に貢献した時だけで無く、状態面に不安がある情報を入手していた昨年のNHKマイルカップでは5着に敗れており、関係者による『今回は買える、今回は買わなくていい』という情報が成績に直結しているタイプです。今回のスプリンターズステークスに関しても、すでにその扱いが明白となっており、当日の情報を楽しみにしてほしいと思います。

 とにかく最初に説明した3頭の穴馬は強烈です。陣営も騎手も手応えがアリアリで、しかも人気薄。過去10年で6本の10万馬券が飛び出しているレースですが、今年も波乱必至は間違いありません。なお今年は特別な対応として、コロナ禍で自粛しがちな競馬ファンの拡大と、競馬の活性化を目的に、スプリンターズステークスの【穴馬3頭を含めた買い目】を完全無料で公開いたします。ホースメン会議の情報力と予想力を、ぜひこのレースで体感してください。

 また再来週以降の秋華賞・菊花賞・天皇賞(秋)に関しても、すでに新聞には載らない類いの強力情報を得ています。今週はスプリンターズステークスが行われますが、いずれのレースについても他では知ることができない勝負情報を入手しておりますので、合わせてご注目いただければと思います」

 これほどの自信を見せるホースメン会議とは何か? その実態を調べると驚くべきことが次々と判明した。このホースメン会議は、競馬の神様と呼ばれた大川慶次郎氏が、競馬ファンに「馬券の的中の喜びを伝えたい」という思いで設立。来年で創業40年を迎えるという老舗の中の老舗だ。

 現在は大川慶次郎氏の弟子として名をはせる競馬評論家の能勢俊介氏を総監督に、日刊スポーツの本紙予想を25年にわたって務めた大御所堀内泰夫、大阪スポーツ本紙歴37年の大ベテラン米原聡、有馬記念や菊花賞などを制した元JRA騎手の東信二、さらに元JRA調教師など業界を代表する第一人者たちが勢揃い。マスコミや他を圧倒する情報網は全国に広がり、前述の予想陣が入手した情報を徹底的に分析。厳選された究極の買い目を、競馬ファンへ惜しげもなく提供している。

 その実力には度肝を抜かされるばかりだ。9月5日には14番人気という超人気薄の穴馬を本命に3連単15万5240円という超特大万馬券的中。9月の三日間開催でも、9月19日に3連単17万8980円と馬連7560円という超特大万馬券をまたまた的中させたのだ。この三日間開催では他にも6万馬券、5万馬券、2万馬券など連戦連勝の大勝利、利用者は数万円から数十万円の払戻を手にして歓喜の絶頂だったという。

ホースメン会議のメンバーたち

 なんとも羨ましい話だが、ホースメン会議のスタッフが話すように、彼らは今週のスプリンターズステークスに絶大な自信を見せている。そして場合によっては、こんな万馬券を吹き飛ばすほどの高額万馬券が飛び出す可能性もあるのだ。

 つまり先週までホースメン会議の情報を利用せずに悔しい思いをしていたファンであっても、今週のスプリンターズステークス、そして10月のG1シーズンで一気に勝ち組となる可能性が高いのである。

 最後にホースメン会議から届いたこんなコメントを紹介しよう。

「創業39年のホースメン会議は、年明けには40周年を迎えます。それを目前に迎える10月から12月には、情報収集と分析体制が一層強化されます。しかも競馬サークル内で【女帝】と呼ばれる某大物も、10月から新たにホースメン会議に加入します。そして創業40年を迎える当社予想陣も『今年の最高益を競馬ファンに届けたい』と意気込んでおり、ますます力が入っております。この秋はぜひホースメン会議にご注目ください」

 このコメントからも彼らの本気度、そして勝利への飽くなき向上心が垣間見える。そして気になるのは10月から加入する【女帝】と呼ばれる某大物。どんな存在なのか、興味は絶えない。いずれにせよ、秋競馬で勝ち組を目指すのであれば、ホースメン会議を利用するのが最短距離だ。プロ中のプロと評されるその情報力と分析力をぜひ実感しよう。

CLICK→【無料公開!スプリンターズSの「穴馬3頭と買い目」】ホースメン会議

※本稿はPR記事です。

ダノンもグランもモズも怖くない! JRAスプリンターズSで買えない人気馬、買うべき「穴馬3頭」!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!