NEW

JRAオールカマー(G2)はセンテリュオから4点厳選で美味しくGET!? 関係者からの耳打ち「知る人ぞ知るネタ」で発見した伏兵は!!

 27日(日)、中山競馬場で行われるオールカマー(G2)に現場の声を重視する「ブロディN」が挑む。

 先週のローズS(G2)はまったく展開が向かず、本命のリリーピュアハート6着、対抗フアナが11着の大誤算。勝利の美酒ではなく、敗戦の苦い酒をひとりで明け方まで飲んでいると、いつのまにか就寝。そして猛烈な吐き気とともに目覚めると、月曜日のメインレースを見逃すという失態を犯してしまった。

 このままやけ酒に溺れ続けるわけにはいかない。汚名返上で挑むオールカマーの本命『◎』は4番センテリュオ(牝5、栗東・高野友和厩舎)だ。

 重賞勝ちはまだないが、前走のマーメイドS(G3)では後方で脚をためると、最後の直線で上がり3ハロン最速となる35秒3の脚で先を行くライバルを強襲。軽斤量を武器に先行したサマーセントには3/4馬身差届かなかったが、実力の高さを見せつけた。

「前走後はここを目標にしてしっかり乗り込まれてきたようです。スタッフは『いつもならレースでの進み具合が気になるけど、今回は少頭数での開催なので後手に回っても問題ナシ。稽古ではいつになく前向きさもあったから大丈夫かな』と教えてくれました。

晩成傾向の強い血統で馬体も充実。関係者も『フィエールマンが回避したし、このメンバー相手ならば上位進出の可能性も十分』と色気を見せていましたよ」(競馬誌ライター)

JRAオールカマー(G2)はセンテリュオから4点厳選で美味しくGET!? 関係者からの耳打ち「知る人ぞ知るネタ」で発見した伏兵は!!の画像2

「○」をつけるのは京都記念(G2)2着以来の出走となる8番カレンブーケドール(牝4、美浦・国枝栄厩舎)。

 昨年はオークス、秋華賞、ジャパンCの3つのG1でいずれも2着。今年の始動戦となった京都記念ではライバル・クロノジェネシスに敗れてまたも2着。シルバーコレクターのポジションに落ち着いているが、そろそろ昨年4月のスイートピーS(L)以来の勝ち星が欲しいところだ。

「前走後はドバイに遠征する予定でしたが、コロナ禍で中止。スケジュールに狂いが生じ、輸送疲れもあったので、陣営は無理をさせず放牧に出すことを決めました。

 それから減った馬体を戻しつつ、このレースを目標に調整をしていたとのこと。『追う毎に動きは良くなってきました。今週の動きなら合格点』とスタッフは教えてくれましたよ。鞍上も津村明秀騎手が継続して騎乗する点も心強いですね」(美浦関係者A)

JRAオールカマー(G2)はセンテリュオから4点厳選で美味しくGET!? 関係者からの耳打ち「知る人ぞ知るネタ」で発見した伏兵は!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声