NEW

JRAオールカマー(G2)はセンテリュオから4点厳選で美味しくGET!? 関係者からの耳打ち「知る人ぞ知るネタ」で発見した伏兵は!!

JRAオールカマー(G2)はセンテリュオから4点厳選で美味しくGET!? 関係者からの耳打ち「知る人ぞ知るネタ」で発見した伏兵は!!の画像3

 七夕賞(G3)を勝った1番クレッシェンドラヴ(牡6、美浦・林徹厩舎)は「▲」だ。

 昨年の福島記念(G3)で重賞初制覇。今年の始動戦である中山金杯(G3)は1番人気ながら7着と大敗を喫したものの、前走の七夕賞で後方待機から早めの仕掛けで優勝。重賞2勝目を挙げている。

「スタッフは前走について『馬場や展開が向いたけど、それでも半年ぶりの1戦でトップハンデを背負って優勝したのは収穫』と意気揚々と話してくれました。

 放牧先からスゴくいい状態で戻ってきたようで、その後の調整も順調そのもの。前走から相手は強化されますが、林師も『チャレンジャーの立場だけど、状態の良さを生かして頑張ってほしい』と期待をかけていましたよ」(美浦関係者B)

JRAオールカマー(G2)はセンテリュオから4点厳選で美味しくGET!? 関係者からの耳打ち「知る人ぞ知るネタ」で発見した伏兵は!!の画像4

 最後「△」は“G2&G3番長”7番ステイフーリッシュ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)。

 今年も大阪杯(G1)では9着と大敗したが、アメリカジョッキーCC(G2)2着、京都記念3着、目黒記念(G2)3着と、G2、G3では堅実に走っている。

「G1クラスの馬のようなオーラはないものの、G2、G3クラスの相手ならば上位を狙える存在になってきましたね。スタッフは、『若い頃はカリカリするところがあったけど、古馬になって落ち着きが出てきた』と近走の安定感について分析していました。

 またここ最近は関東の天気は崩れていて、今週末も雨の予報。道悪での開催となりそうですが、『渋った馬場も苦にせず走るタイプ。立ち回り次第でチャンスはあります』と前向きに捉えていましたよ」(栗東関係者)

 今回は1番クレッシェンドラヴ、4番センテリュオ、7番ステイフーリッシュ、8番カレンブーケドールの3連複4頭ボックス4点で挑戦。もう酒に逃げる人生は嫌だ! 当たれ!!
(文=ブロディN)

JRAオールカマー(G2)はセンテリュオから4点厳選で美味しくGET!? 関係者からの耳打ち「知る人ぞ知るネタ」で発見した伏兵は!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!