NEW

パチスロ自らの手で「乱数」を掴み取る「特化ゾーン」搭載!「1G純増8枚超」の「最強コンテンツ」登場!!

【この記事のキーワード】

,

パチスロ自らの手で「乱数」を掴み取る「特化ゾーン」搭載!「1G純増8枚超」の「最強コンテンツ」登場!!の画像1

 新たなパネル「榎木ver.」が出走した、山佐の『パチスロ モンキーターンⅣ』。お馴染みのシナリオ管理型AT機能「SG RUSH」は自力感が強く、「グランドスラム」達成で歓喜しているファンも少なくないだろう。

 また、「艇王RUSH」へ昇格した際の破壊力は既存機屈指。AT終了後、即ち有利区間移行後の天国モード選択率が全設定共通25%という点も見逃せないポイントのひとつである。

 まさしく、初代のゲーム性を継承。導入以来、高稼働を維持し続ける要因は、その良い意味での不変さにあるともいえるわけだが、同社(製造:セブンリーグ)の次作『パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド ゴールド』はどんな塩梅なのであろうか。公式サイトでは製品サイトが公開され、ファンの間では早くも話題沸騰中だ。

 同社は5号機時代に同コンテンツのマシン『パチスロ学園黙示録ハイスクール・オブ・ザ・デッド』をリリース。その続編となる本機は前作のボーナス+ART仕様から一新、1G純増約8.7枚のハイスペックAT機に仕上げられている。

 主なAT突入契機は規定ゲーム数消化で突入する「黙示録CHANCE」で、前兆ステージへの移行は規定ゲーム数到達に期待。到達までは「欠片」MAXで獲得できる「奴ら玉」を貯めることが目標で、5G継続「奴らゾーン」突入は欠片や奴ら玉ストック期待度が跳ね上がる。

 黙示録CHANCEは準備パートとバトルパートの2部構成で、15G継続の前半は欠片と奴ら玉のストック抽選。後半は奴ら玉の数だけバトルが発生し、勝利できればATがスタートする。黙示録CHANCEのAT期待度は50%オーバーとのことだ。

 首尾よくAT「オールデッズアタック」へ突入すると、まずは「毒島GOLDEN濡れるーれっとッ!」で初期ゲーム数を決定。AT中のモードは「激闘フェスティバル」「H.O.T.D」など3種類で、「H.O.T.D」モードへの移行は完走が濃厚となるようだ。また、いずれのモードも消化中にステージがアップするほど上乗せ期待度も高まる。

 AT中の赤7揃いで突入する特化ゾーン「毒島乱数」は激アツで、「+1G」から「+256G」まで均一(1/256)に振り分けられた上乗せゲーム数を自らの手で掴み取るというシステム。全てはプレイヤーの手に委ねられ、突入した時点で完走期待度は85%を超える。

 なお、導入は11月初旬を予定しているとのこと。気になる方は製品サイトをチェックして、出玉イメージを膨らませておこう。

パチスロ自らの手で「乱数」を掴み取る「特化ゾーン」搭載!「1G純増8枚超」の「最強コンテンツ」登場!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!