NEW

平手友梨奈、イケメン俳優との「親密ぶり」にファンやきもき!? “笑わないアイドル”から天真爛漫なキャラへ?

【この記事のキーワード】

,

平手友梨奈、イケメン俳優との「親密ぶり」にファンやきもき!? 笑わないアイドルから天真爛漫なキャラへ?の画像1

 欅坂46初のドキュメンタリー映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』が9月4日から絶賛公開中だ。

 同映画は、今年1月に脱退したエース・平手友梨奈がかつて所属していたグルーブの成功と苦悩を記録した作品。平手のカリスマ性を捉えることを軸としており、ステージ裏でメンバーそれぞれが大きな葛藤を抱えていた様子も描かれている。

「欅坂の中でも、特異な才能を発揮していた平手は、曲のモチーフをより具体的に表現する方法として、他のメンバーから1人離れていくパフォーマンスを自ら考案したそう。

また、2017年4月にリリースされた4thシングル『不協和音』のMV撮影では、他のメンバーと一切口を利かない様子が映し出されており、これはおそらく“同調圧力に屈しない”という反抗的な世界観に入り込んでいたと思われます。平手がアイドル、そしてパフォーマーとしていかに努力していたのかよく伝わってきますね」(芸能ライター)

 いつしか“笑わないアイドル”と呼ばれるようになった平手。時には、自身のパフォーマンスに納得できずにライブをドタキャンしたり、アドリブでダンスした後にステージ上から落下してしまうなど、自らが理想とする表現を実現するため、精神と肉体を極限まで追い込んだことが彼女をそうさせてしまったのだろう。

 だが、その重圧から解放されたのか、現在はかつての笑顔を取り戻した様子。来年1月公開予定の映画『さんかく窓の外側は夜』では、共演者たちとの仲睦まじい姿をたびたび披露しているという。

「今年3月に映画の公式Twitterにアップされた動画では、共演者の岡田将生に対して見せた平手の満面の笑顔が話題に。これは、同じく共演者の志尊淳に対して、平手と岡田がお祝いコメントとバースデーソングを歌うというもので、2人は横並びになりながら岡田が『志尊くん、お誕生日おめでとうございます!』とにこやかに祝うと、平手も『おめでとうございます』と笑顔で志尊を祝福していました。

9月17日には、志尊が自身のTwitter上に、映画の撮影現場で岡田と平手が言い合いをしているような写真をアップ。おそらくこれはネタだと思われますが、そうやってコンビ芸を披露できるのは親密だからこそ。仮に本当の言い争いだとしても、喧嘩するほど仲が良いとよく言いますしね(笑)」(同)

 撮影を通じて意気投合した3人は、映画の公式Twitter上で“さんかく3兄弟”と紹介されている。そんな3人の様子に一部ファンは「羨ましいな!」「やっぱイケメン相手だと笑顔が隠し切れないのかな?(笑)」とやきもきしているようだが、いずれにしても「本来の姿」を取り戻した平手の今後の活躍を期待したい。

平手友梨奈、イケメン俳優との「親密ぶり」にファンやきもき!? “笑わないアイドル”から天真爛漫なキャラへ?のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!