NEW

JRA神戸新聞杯「課題はない」福永祐一がコントレイルに抱く「唯一」の懸念。「嫌だなって思う」矢作芳人調教師に反対してまで貫きたい「こだわり」とは

【この記事のキーワード】

, ,

JRA神戸新聞杯「課題はない」福永祐一がコントレイルに抱く「唯一」の懸念。「嫌だなって思う」矢作芳人調教師の意見に反対してでも貫きたい「こだわり」とはの画像1

 27日に中京競馬場で行われる菊花賞トライアル神戸新聞杯(G2)。今年の主役となるコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、前日段階ながら単勝1.1倍。

 現在2番人気に推されているグランデマーレが18.9倍であることかとからも、記録に残るような圧倒的支持を集めている。

 この春、皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)を制し、ここまで無敗街道を突き進むコントレイル。今回の神戸新聞杯は約3カ月ぶりのレースとなり、さらには約1カ月後に本番の菊花賞(G1)が控える陣営にとっても難しい一戦だが、主戦騎手が「春より、遥かにいい動きができるようになっている」「特に競馬の内容で試さないといけないシチュエーションはない」と豪語すれば、これだけの支持を集めるのも当然だろう。

 実際に、栗東の坂路で行われた最終追い切りで記録した4ハロン51.6秒は、自己ベストに迫る好時計。見守った矢作芳人調教師も「言うことなし」と満点の評価を与えている。

 強いて挙げるなら、将来を含めた課題として矢作調教師が「もう少し体重が増えても……とは思う」と指摘した点くらいだろう。史上3頭目となる無敗の三冠へ、視界は極めて良好といえる。

「故障のリスクも出てくるしね……」

 ただ、その一方で唯一の「懸念」を抱いているのが、主戦の福永騎手だ。

JRA神戸新聞杯「課題はない」福永祐一がコントレイルに抱く「唯一」の懸念。「嫌だなって思う」矢作芳人調教師に反対してまで貫きたい「こだわり」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!