NEW

JRA横山典弘「ポツン」からの快勝劇にファン絶賛の嵐! 「これは気持ちいい勝利」絶望的後方から“芝より速い”異次元の末脚で差し切り!

【この記事のキーワード】

,

JRA横山典弘「ポツン」からの快勝劇にファン絶賛の嵐! 「これは気持ちいい勝利」絶望的後方から芝より速い異次元の末脚で差し切り!の画像1

 26日の中山競馬場で行われた最終レース(2勝クラス)は、1番人気のダンツエリーゼ(牝3歳、栗東・本田優厩舎)が優勝。目の覚めるような末脚で、豪快に突き抜けた。

 16頭立てで行われたダート1800mのレース。ゲートに課題のあるダンツエリーゼだが、この日もスタートは一息。鞍上の横山典弘騎手は、迷わず後方からの競馬を選択した。

 ただ、ここからが天才・横山典騎手の真骨頂だった。まったく慌てることなく、馬群から見る見る離されていく。1コーナーに入る頃には、すでに5馬身以上遅れており、相当厳しい位置取りにも見えた。

 向正面を走り終えて3コーナーに入っても、まだ馬群から大きく遅れているダンツエリーゼ。4コーナーに入ってようやく加速し始めたが、直線の短い中山ダートコースだけに、いよいよ絶望的な状況だった。

 しかし、最後の直線で大外に持ち出されたダンツエリーゼは、そこから異次元の豪脚を披露。あっという間に馬群を飲み込むと、最後は抜け出したテオレーマをクビ差捉えてゴールを駆け抜けた。

「1番人気だっただけにヒヤヒヤするレースでしたが、最後は他の馬が止まって見えるくらいの凄い末脚でしたね。上がり3ハロン2位のテオレーマが、3位に0.3秒差をつけるいい脚を使っていますが、ダンツエリーゼはそこからさらに1.6秒も速いですから、まさに異次元の末脚と言えるでしょう。

それだけの豪脚を引き出せたのも、横山典騎手の肝の座った騎乗があったからこそ。まさに代名詞の『ポツン』炸裂といったところでしょうか(笑)。スタートが悪いので多少展開に左右される面は否めない馬ですが、今後が楽しみになる勝利でした」(競馬記者)

 この快勝劇にはレースを見守ったネット上のファンもSNSや掲示板を通じて「ほんと、ヒヤヒヤさせるな」「1番人気のポツンは心臓に悪い」と、やはり横山典騎手の大胆な作戦に肝を冷やした様子。

 ただ、この日は見事な快勝とあって「この末脚はノリさんじゃないと出せない」「最後の伸びはヤバかったな。さすが横乗」「ポツンして勝ったの初めて見た。これは気持ちいい勝利」と横山典騎手の騎乗を称賛する声が相次いだ。

 ここ5年は年間50勝前後で推移している横山典騎手だが、今年はすでに46勝と好調をキープ。いよいよ来週から開幕する秋のG1シーズンへ、時に「武豊以上の天才」といわれる大ベテランの手腕は冴えるばかりだ。

JRA横山典弘「ポツン」からの快勝劇にファン絶賛の嵐! 「これは気持ちいい勝利」絶望的後方から“芝より速い”異次元の末脚で差し切り!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!