NEW

JRA神戸新聞杯(G2)武豊マイラプソディ「ぶっちぎり最下位」鼻出血で菊花賞絶望……「新パートナー」にあの馬が急浮上!?

【この記事のキーワード】

,

JRA神戸新聞杯(G2)武豊マイラプソディ「ぶっちぎり最下位」鼻出血で菊花賞絶望……「新パートナー」にあの馬が急浮上!?の画像1

 27日、中京競馬場で行われた菊花賞トライアル・神戸新聞杯(G2)は、単勝オッズ1.1倍の圧倒的1番人気に支持されたコントレイルが優勝。この勝利により、本馬は昨年9月のデビューから6連勝。菊花賞(G1)で無敗の3冠達成に王手をかけた。

 手綱を取った福永祐一騎手は「休み明けとはいえ落とすわけにはいかない状況の中で勝つことができた」と安堵を見せながらも「余力を持った中で勝つことができたのは何よりです」と危なげないレースで、休み明け初戦を勝利で飾れたことを評価するコメントを残している。

JRA神戸新聞杯(G2)武豊マイラプソディ「ぶっちぎり最下位」鼻出血で菊花賞絶望……「新パートナー」にあの馬が急浮上!?の画像2

 その一方、マイラプソディ(牡3、栗東・友道康夫厩舎)は5番人気に支持されたものの、17着グランデマーレからさらに8馬身遅れた18着という不本意な結果に終わった。

 デビューから3連勝で京都2歳S(G3)を制し、クラシック候補と呼ばれたかつての素質馬には、あまりにも厳しい現実が待っていた。

 18頭立てのレースを8枠17番からスタートしたマイラプソディ。後方待機策を採った武豊騎手は、ヴェルトライゼンデを斜め前方に見る後方17番手からの競馬。1000mを過ぎてペースが上がると抜群の手応えで外々を進出。直線に入って末脚炸裂を予感させる脚色だった。

 だが、勝負どころで武豊騎手がゴーサインを出し、いざこれからというタイミングで反応することなく、直線では流すような形で後方のままゴールした。

 この不可解な敗戦にはどのような理由があったのだろうか。

「外から上がって行きながら突然失速してしまいましたが、どうやらレース中に鼻出血を発症していたようです。陣営にとって痛恨なのは、これで菊花賞への出走が絶望となってしまったことでしょう。

鼻出血を発症した馬は、規定により1ヶ月の出走制限があるため、日程的に菊花賞には出ることが叶わなくなってしまいました」(競馬記者)

 これにより、菊花賞のパートナーを失った武豊騎手だが、新たに注目のパートナー候補がいる。8月の阿寒湖特別(2勝クラス)を武豊騎手とのコンビで勝ったアンティシペイト(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 同馬は菊花賞挑戦を表明しているが、鞍上はまだ発表されていない。マイラプソディの脱落によって淀の長距離を知り尽くす名手が空いたことは、陣営にとって願ってもないチャンスとなるかもしれない。

JRA神戸新聞杯(G2)武豊マイラプソディ「ぶっちぎり最下位」鼻出血で菊花賞絶望……「新パートナー」にあの馬が急浮上!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!