NEW

JRA神戸新聞杯(G2)コントレイル「掟破り」の連係プレー再び!? 安藤勝己氏「ノースヒルズ勢が周りを……」疑惑の日本ダービーから4カ月

【この記事のキーワード】

, ,

JRA神戸新聞杯(G2)コントレイル「掟破り」の連係プレー再び!? 安藤勝己氏「ノースヒルズ勢が周りを……」疑惑の日本ダービーから4カ月の画像1

 27日、中京競馬場では菊花賞トライアル・神戸新聞杯(G2)が行われ、無敗で春のクラシック2冠を制したコントレイル(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝した。

「強いコントレイルをお見せすることができてよかったです」

 福永祐一騎手のレース後のコメントがすべてを物語っていたかもしれない。

「休み明けとはいえ、落とすわけにはいかない状況のなかで、余力を持って勝つことができたのが何よりでした」

 無敗の3冠を狙う王者に同世代のライバル達は成す術もなかった。

 18頭立てのレースを中団前目につけると、直線では進路を探すだけ。前が開いた一瞬の隙をこじ開けると、福永騎手は促すだけの持ったまま。最後まで一発のムチが入ることもなく、2着ヴェルトライゼンデに2馬身差をつける圧勝で秋の始動戦を勝利で飾った。

 馬だけでなく、鞍上の福永の冷静さも絶対王者の強さをより際立たせた内容となった。道中は馬群の真っただ中を追走したコントレイル。直線入り口ではライバルたちが密集して四面楚歌の状態にすら思える状況にも、43歳のベテランに焦りはない。直線半ばで満を持してパートナーを開いた進路へ誘導した。

 この圧勝劇には元JRA騎手の安藤勝己氏も公式Twitterで「もともと完成度は高かったけど、気性が大人になって操縦性が増した」と精神面での成長に触れつつ、「あの折り合いなら距離は問題ないし、抜け出してから耳を立ててスイッチをオフにしとる。同世代の牡馬ではまさに力が違う」と、無敗の3冠達成に事実上の”確定”を出した。

 だが、そんな完全無欠の強さを誇る王者の勝利の裏で、コントレイルのオーナー・前田晋二氏のもう1頭の所有馬ディープボンドの”アシスト疑惑”も見逃せないだろう。

「ディープボンドはスタートを決めると外目の2番手から追走。道中は外に”スペース”を確保しつつ、早めの競馬を試みています。直線でも内を1頭分だけ空けて進路取りをしており、そこに狙いすましたようにコントレイルが通り抜けて行きました。

前にいるディープボンドがちょうどいいペースでレースを引っ張ってくれ、結果的に勝負どころで進路を譲ってもらった格好となりました。コントレイルの福永騎手にとってもディープボンドは、ある意味”心強い”存在だったのではないでしょうか」(競馬記者)

JRA神戸新聞杯(G2)コントレイル「掟破り」の連係プレー再び!? 安藤勝己氏「ノースヒルズ勢が周りを……」疑惑の日本ダービーから4カ月のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!