NEW

パチスロ新台『吉宗3』期待枚数「711枚」の衝撃!ビッグで「特化ゾーン3回権利」獲得!!

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ新台『吉宗3』期待枚数「711枚」の衝撃!ビッグで「特化ゾーン3回権利」獲得!!の画像1
大都技研HPより


 衝撃のデビューから17年。4号機時代後期をけん引したあの名機が6号機として復活することは既報の通りであり、オールドファンはもとより、5号機時代の続編に魅了されたファンも期待に胸を膨らませていることであろう。

 吉宗といえば「ビッグ獲得枚数711枚」と「ビッグ1G連」。大都技研のグループ企業サボハニが手掛ける『吉宗3』もこれらを継承しているという点以外はほぼ不明であり、様々な憶測が飛び交っていたが、このほど、ついにその詳細が判明した。

 本機のビッグとREG、2種類のボーナスはどちらも疑似ボーナスで、1G純増約4.0枚の差枚数管理型。ビッグに当選すれば特化ゾーンの権利を3つ獲得でき、消化中の枚数上乗せと合わせて「期待枚数711枚」を実現している。

 特化ゾーンは「一撃」「連撃」「十五代の夜」の3種類で、一撃は最大3G継続。1G目で100枚、2G目で200枚と枚数がアップし、3G目まで継続した場合は300枚、もしくは711枚のいずれかが選ばれる。

 連撃は小役入賞で上乗せが確定するものの、ピンチゲームでの入賞は終了が近づくというゲーム性。ベルの2択を当てるorハズすタイミングが重要であり、手に汗握ること必至だ。

 十五代の夜は最も上乗せ性能が高い特化ゾーンで、歴代徳川幕府将軍の紹介と共に毎ゲーム上乗せ。最終ゲームでは八代将軍吉宗が登場し、BGM終了までにフリーズが発生すれば711枚が加算される。

 ビッグ中は先述の通り、枚数上乗せ抽選が行われるほか、ビッグ1G連抽選もあり、7揃い高確への移行で7揃いのチャンス到来。シングル揃いはビッグ1G連、即ち再度特化ゾーンの権利3回が確定し、ダブルで揃った場合はビッグ1G連&消化後の「BIGBANG」振舞が約束される。

 BIGBAMG振舞は上乗せパートと消化パートの2部構成。100枚以上の上乗せが約90%でループと、完走は目前といえるであろう。

 もちろん、特化ゾーンを含めて消化中の演出は吉宗・爺・姫の3パターンから選択が可能。消化中にPUSHボタンを長押しすれば、初代吉宗の演出を楽しむこともできる。

 一方のREGは、ベルナビ7回で終了。消化中に7が揃えばビッグへと昇格し、そうでなくとも消化後は例外なく「高確率」へと移行する。ここでのボーナス当選はビッグ確定だ。

パチスロ新台『吉宗3』期待枚数「711枚」の衝撃!ビッグで「特化ゾーン3回権利」獲得!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!