NEW

JRA“崖っぷち騎手”がコントレイルを脅かす!? WIN5「2億円」演出の穴ジョッキーと歴代菊花賞馬の流れを汲む上がり馬が大波乱を起こすか

【この記事のキーワード】,

 今年デビュー13年目で、同期に三浦皇成騎手がいる伊藤騎手。これまでに重賞勝利はなく、昨年の平地競走はわずか2勝で、今年も3勝と中堅騎手ながら“崖っぷち”とも言える状況だ。神戸新聞杯の騎乗は2年ぶりの平地重賞騎乗だったように、G1での騎乗経験は2回しかなく、大舞台での信頼度に欠けるかもしれない。

 だが、今年のフェブラリーS(G1)ではデビュー9年目の苦労人・長岡禎仁騎手がG1初騎乗ながら、最低人気のケイティブレイブで2着に好走するということがあったばかり。7年ぶり、3度目のG1騎乗となる伊藤騎手が波乱を起こしてもおかしくないはずだ。

 また、伊藤騎手は2012年のキャピタルS(OP)で18頭中最下位人気のヤマニンウイスカーで勝利して、大穴を開けた経験を持っている。この勝利が影響して、当日のWIN5は「2億円」の超高額配当が飛び出す結果となった。

 重賞初騎乗となった09年のダイヤモンドS(G3)でも、16頭中最下位人気のゴーウィズウィンドで5着に好走。長距離レースの実績もあり、菊花賞への不安はなさそうだ。

 キャリア4戦の上がり馬と崖っぷち騎手のコンビは、ヴェルトライゼンデらの実績馬よりもコントレイルを脅かす存在となるのではないだろうか。久々のG1挑戦となる伊藤騎手が、乾坤一擲の騎乗を見せることに期待したい。

JRA“崖っぷち騎手”がコントレイルを脅かす!? WIN5「2億円」演出の穴ジョッキーと歴代菊花賞馬の流れを汲む上がり馬が大波乱を起こすかのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合