NEW

JRA藤田菜七子「戒告」に擁護の声も!?「事故が起きないように……」4頭被害で猛省お詫び周りも、2年連続フェアプレー賞は崖っぷち

【この記事のキーワード】

JRA藤田菜七子「戒告」に擁護の声も!?「事故が起きないように……」4頭被害で猛省お詫び周りも、2年連続フェアプレー賞は崖っぷちの画像1

 昨年の活躍を超えることはできるだろうか……。

 JRA女性騎手として、数々の記録を塗り替えている藤田菜七子騎手。昨年はカペラS(G3)をコパノキッキングで制し、女性騎手として初のJRA重賞制覇を遂げ、年間43勝を挙げるなどの大活躍だった。

 しかし、今年は現在25勝で昨年を下回るペースだ。8月は得意の新潟開催で4勝を挙げたが、9月は2勝に終わった。先週末の開催でも7鞍に騎乗して、1度も馬券に絡むことができなかった。

 そこに追い打ちをかけるかのような不運が藤田騎手を襲った。

 27日、中山8R(芝1200m)で藤田騎手は10番人気リュウグウヒメに騎乗。好スタートから先団にとりついていった。だが、3コーナーでリュウグウヒメが外側に斜行して、他馬と接触。その結果、4頭に被害を及ぼす事態となった。

 騎乗停止、過怠金の処分はないものの、藤田騎手は戒告を受けることになってしまった。

「レース後、藤田騎手はかなり反省して、自分が御せなかったことを周りの関係者に謝っていたようです。

ただ、これは全面的に藤田騎手が悪いわけじゃないという意見もあります。

ある騎手は『藤田騎手は内に入れたかったが……

JRA藤田菜七子「戒告」に擁護の声も!?「事故が起きないように……」4頭被害で猛省お詫び周りも、2年連続フェアプレー賞は崖っぷちのページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!