NEW

JRA三浦皇成「激怒」若手騎手の”自爆”騎乗にあわや大惨事!? 来週ローカル開催に周りの騎手は戦々恐々

【この記事のキーワード】

,

JRA三浦皇成「激怒」若手騎手の自爆騎乗にあわや大惨事!? 来週ローカル開催に周りの騎手は戦々恐々の画像1

 12日から幕開けした中山競馬だが早くも最終週を迎える。秋G1の先頭を切るスプリンターズS(G1)が行われる10月4日で幕を閉じ、次の開催は12月5日を待つことになる。

 そんな中、先週の中山競馬場はある若手騎手によって不穏な空気が流れていた。当事者となったのは18年の10月13日、新潟6R(3歳上500万下・ダート2500m)で騎乗したペイシャエリートでの「距離誤認」という不本意な形で話題となったことのある山田敬士騎手だ。

JRA三浦皇成「激怒」若手騎手の自爆騎乗にあわや大惨事!? 来週ローカル開催に周りの騎手は戦々恐々の画像2

 まずは土曜中山4Rで1番人気のベイビーボス。元々ゲートに不安のある馬だったが、スタートで後手を踏んだこともあってか流れに乗れず8着に惨敗。レース後には三浦皇成騎手から説教をされていたようだ。

「何度も大怪我をしている三浦は危ない騎乗には人一倍敏感になっています。レースでは山田騎手のすぐ後ろにいた為、気になるところがあったようです。三浦騎手が『以前も言っただろ。馬を御せないならコーナーでムチを入れるなよ。左ムチ打って内にモタれて、右に持ち替えて今度は外に膨れる。あんな事をしてたら誰か落とすぞ』と激怒していました」(競馬記者)

 そして日曜中山では7Rで騎乗したユヌエトワールが落馬寸前の躓きをして周りをヒヤッとさせた。

「1年目や若手の兄ちゃんがよくやるのですが、いわゆる自爆と言われるもの。前との距離感が分からず、他馬と接触して落馬したり、他馬を怪我させるなど騎手としては御法度の行為です。

周りの騎手のリカバリーによって、事なきを得ましたが、危うく大惨事を起こすところでした。レース後には温厚な内田博幸騎手でさえ『いつか大きい事故を起こすよ』と注意していました」(某TM)

 さらに日曜中山8Rでは山田騎手のリーゼントアイリスが、隊列が決まりかけていたにもかかわらず、引かなかった事で結果的に周りの騎手に迷惑が掛かった。

「山田騎手の強引な主張に煽りを受けて、藤田菜七子騎手は事故が起きないように気を遣って内に馬を入れなかった。それにより、かえって自分の馬がバカつく始末に……。

結果を見れば、山田騎手は早めに切り替えて外へ誘導してくれていればもっと上位を狙えたかもしれない」(某騎手)

 まだ減量の取れていない若手騎手だけに、経験不足の感は否めない。

「そういった事も含めて、先輩である丸田恭介騎手や黛弘人騎手、石川裕紀人騎手などがレース後に指導していたみたいですよ」(競馬関係者)

 G1開催も始まり、リーディング上位騎手の多くが東京、京都で騎乗する一方で、中堅騎手や若手騎手にとっては新潟や福島が主戦場となってくる。そんなこともあってか、山田騎手と同じレースに騎乗することが多くなるローカル開催で、関東の騎手は戦々恐々としているらしい。

 山田騎手には先輩騎手のアドバイスを糧にして、”汚名返上”となる活躍を期待したい。

JRA三浦皇成「激怒」若手騎手の”自爆”騎乗にあわや大惨事!? 来週ローカル開催に周りの騎手は戦々恐々のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!