NEW

パチンコ「大当りが増える」!「役物確率が変動」する「ガチ装置」だけではなく「継続率85%連チャン」も激アツ!!

【この記事のキーワード】

,

パチンコ「大当りが増える」!「役物確率が変動」する「ガチ装置」だけではなく「継続率85%連チャン」も激アツ!!の画像1

 ホットな新台をユーザーの感想を交えつつ掘り下げていくこのコーナー、【激アツ新台実戦JUDGEMENT】。今回のピックアップマシンは、液晶演出とVが増える激アツの回転役物が連動した新感覚の二段階抽選マシン『P ROAD TO EDEN』(以下エデン)だ。

 はじめに本機のゲームフローを説明しよう。

 まずは液晶での小当り獲得を目指す。デジタルの抽選確率は1/79.9と甘デジ並みなので、比較的頻繁に小当りをゲットすることができる。小当りに当選すると役物抽選に進むのだが、この小当りが役物抽選の期待度にも大きな影響を与えるのが本機最大の特徴となる。

 じつはこの小当りには、役物の大当りの穴の数を決定する振り分けが存在し、引き当てた小当りの種類によってV入賞率、つまり役物確率が変化するのである。その振り分けは1/5からV濃厚となる5/5の5段階。小当り時は表示された分数の分子にも注目しよう。分子の数がそのままVの数となる。

 小当り後に突入する役物抽選タイム「回転体チャレンジ」では右打ちでチャージアタッカーに入賞させると玉が1発、役物内にセットされる。チャレンジスタートで玉が回転体に向かって侵入。開放された玉はクランクスロープを通ってつづら折りに運ばれ、縦に回転するタイヤのような役物で上部に移動した後、坂を駆け降りながら回転体役物に突入していくことになる。

 回転体は小当りで表示された数字と同じ役物確率に調整されている。1/5ならそのままV1つにハズレ穴4つだが、3/5ならハズレ穴が2つ、上部に「V」と書かれた板が立ち上がりストッパーによって塞がれた状態となって、最終的にV穴に導かれるように構成されている。

 こうして変動するV穴を見事に陥れれば、次はRUSH突入を賭けた「EDEN CHALLENGE」へ。時短1回+残保留4個で繰り広げられる突破演出の成功率は約45%となっており、この「EDEN CHALLENGE」は液晶で展開されるが、回転体チャレンジ発生で役物抽選になるパターンも存在する。

 チャレンジに成功すれば継続率約85%の「EDEN RUSH」に突入。時短12回+残保留で構成される連チャンモードでまとまった出玉を獲得できるのである。右打ち中は半分以上が最大ラウンド約1000発。液晶で、役物で、大当りを積み重ね出玉の楽園(エデン)を目指すこととなる。

 さて、ここまでグダグダと一応一通りの流れを説明してきたが、本機でもっぱら話題の中心になるのは結局「ガチなの? デキレなの?」、である。これはファンの中でも見解が分かれていて、さまざまな意見がある。

「anotherとかの回転体に球落とすヤツはガチなんだと思うが」
「チャレンジ中のガチチャレ4/5ハズした。すでにどこの穴入るか決まってて演出選んでない?」

「ファフナーよりデキレ感は強い役物だよね」
「右打ち中のガチが1/5だろうと百発百中だったんだがやっぱデキレなのか」

「磁石にくっつけて上に玉運ぶところが放り込みたい穴に入るように動いてるな。ここから不正な振動とかなしで、イレギュラーな玉の動きによってハズレ穴突入を免れて当りになるならガチかな?」

「一応イレギュラーっぽいのあるにはある。玉を押し出す所がたまに押し出さなくてタイミングズレる時がある」
「完全なデキレではないと思う。同じ小当りセグでも入る時と入らなかった時あったし」

パチンコ「大当りが増える」!「役物確率が変動」する「ガチ装置」だけではなく「継続率85%連チャン」も激アツ!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!