NEW

パチスロ新台『吉宗3』6号機の「起爆剤」に!? ビッグ期待出玉「711枚」は通常時も「初代を継承」

【この記事のキーワード】

, , ,

パチスロ新台『吉宗3』6号機の「起爆剤」に!? ビッグ期待出玉「711枚」は通常時も「初代を継承」の画像1
大都技研HPより


 低迷する6号機市場の起爆剤となるか。大都技研のグループ企業「サボハニ」が創造した最新鋭機『吉宗3』の導入が目前に迫っている。

 本機はビッグとREG、2種類の疑似ボーナスを搭載。1G純増は約4.0枚で、差枚数管理型のビッグは発動した時点で特化ゾーンの権利を3つ獲得できる。

 特化ゾーンは「一撃」「連撃」「十五代の夜」の3種類で、どの特化ゾーンでも1回の上乗せで「+711枚」に当選する可能性あり。仮に特化ゾーンで大量上乗せに繋がらなくても、ビッグ中の上乗せと合わせて「期待枚数711枚」を実現している。

 もちろん、ビッグ中は「1G連抽選」も行われ、シングル揃いはビッグ1G連=消化後に特化ゾーンの権利3つが確定。ダブル揃いはビッグ1G連に加えて大量上乗せ必至の「BIGBANG」振舞に突入するので、完走は約束されたも同然だ。

 一方のREGは、ベルナビ7回で終了。消化中の昇格抽選、或いは消化後に必ず突入する「高確率」でボーナスを引ければビッグがスタートするが、ボーナス初当り時は確定告知後にビッグorREG、先に成立したフラグが入賞することから、ここで比率55%のビッグを引きまくることができれば低設定でも十分に勝利が見込める。

 このように本機のビッグは「711枚」「1G連」など、初代のゲーム性を色濃く継承。それは通常時も同様で、その通常時は「規定ゲーム数の消化」がボーナス当選契機のひとつとなる。

 規定ゲーム数は「通常A」「通常B」「通常C」「天国」と4種類のモードで管理され、天国移行時は初代と同じく193G以内でのボーナス確定。各種通常モードにはそれぞれ当りやすいゾーンがあるようだ。

 滞在モードは演出から判断できるようで、ステチェン時に「江戸の堀」「殿の間」などの文字が描かれた絵画が映し出されれば通常B以上が確定する模様。おそらく「フェイク前兆」もポイントで、例えばフェイク前兆が200G台で発生すれば通常BorC、300G台で発生すれば通常AorC…と考えることができそうだ。

 ちなみに、本機は小役成立時や「千両回胴」などを機に獲得できる「千両ポイント」MAX到達でもボーナス抽選が行われる。

 契機を問わず「高確率」への移行はボーナス当選のチャンスで、「鷹狩り」が発生した場合は本前兆&ビッグ当選が濃厚だ。
  

パチスロ新台『吉宗3』6号機の「起爆剤」に!? ビッグ期待出玉「711枚」は通常時も「初代を継承」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!