NEW

JRAスプリンターズS(G1)グランアレグリア、ダノンスマッシュら有力馬が揃って脱落……問われるのは「強奪」よりも「絆」!? 勝利を左右する「鉄の掟」とは

 実は過去10年のスプリンターズSを勝利した馬で、前走コンビを組んだ騎手が本番で別の騎手へと乗り替わった場合、勝利した例がないのである。直近でも前走から乗り替わりでスプリンターズSを制したケースは、13年前に岩田康誠騎手から中舘英二騎手(当時・現調教師)に乗り替わったアストンマーチャンまで遡らなければならない。

「10年ひと昔と言われますが、さすがにこれは軽視できない傾向でしょう。些細なミスでもリーディング上位の騎手への乗り替わりが少なくない近年、スプリンターズSは人馬の絆が勝利への後押しとなっていることは珍しいといっていいかもしれません。

ドライな関係が賛否両論を生んでいる競馬界にとっても、今年は特に乗り替わりが多発した年でもあります。引き続き同じコンビで出走する人馬には、心情的にも肩入れしたくなりますね」(競馬記者)

 勿論、ファンからは一見非情に映る乗り替わりも、陣営からすれば勝利への最善手としての選択だった可能性は高い。

 その一方で、乗り替わった馬が、コンビ続行の馬に敗れることがあれば、前走で好騎乗をした騎手を応援している”熱い”ファンにとっては溜飲が下がるかもしれない。

 勝利するのは「強奪」か「絆」か。

 このような側面でも4日の決戦を楽しみに待ちたい。

JRAスプリンターズS(G1)グランアレグリア、ダノンスマッシュら有力馬が揃って脱落……問われるのは「強奪」よりも「絆」!? 勝利を左右する「鉄の掟」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  3. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  4. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突