NEW

パチンコ店でまさかの「テロ行為」!?「悪気なき○○」に店員もお手上げ…

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店でまさかの「テロ行為」!?「悪気なき○○」に店員もお手上げ…の画像1

 パチンコに魅せられ、財産の殆どを費やした廃人パチンカー。元ホール店員のミリオン銀次でございます。

 パチンコ店には大きく分けて「勝っているお客様」「負けているお客様」の2種類が存在しますが、特に負けている場合は様々な感情が芽生えてしまうものです。

 私の場合は「なんでこんなに投資してしまったのか…」「早く止めておけばよかった」などの後悔の念で頭が一杯になります。そういう方も多いと思いますが、中には「負けた」という結果に納得いかず、怒りが込み上げてしまう方もいるでしょう。

 その怒りはやがてパチンコ店への恨みへと変わり、ホールスタッフや周りのお客様へ迷惑となるような「悪意のある行動」をとる人も僅かながらに存在します。

 迷惑行為の中で最もメジャーなのが「台パン」です。私もホール店員時代に幾度となく目撃し、注意した経験がございます。勝負の世界で熱くなってしまうのは分かりますし、大抵のお客様が一時的な感情の昂ぶりで「ついやっちゃった」と反省してくださるのですが…。

 中には「悪意が全くない」にも関わらず、他人へ迷惑を掛けてしまうお客様もいらっしゃいます。

 数年前、私の勤めていたホールに今でも忘れられない「一人の常連様」がおりました。その方は健全に遊技を楽しんでいる佐竹様(仮名)。ただ、人知れず「他人へ迷惑をかけてしまう」という困った状況を作り上げてしまっていた張本人です。

 一体どういうことかと申しますと、佐竹様は遊技台の演出に対してオーバーリアクションで反応する方で、必要以上にチャンスボタンを連打したり「こい!こい!」と大声を上げる事で有名でした。

 度を越えたリアクションにより、他のお客様から「自分の台に集中できない」といったクレームが数多く寄せられてしまったのです。こういった行為は、我々が注意して控えてもらっていたのですが…。

 佐竹様はもう一つの問題を持ち合わせておりました。それは「個性的な香りを放っている」という点です。

 この香りを好まなかったお客様は多かったらしく、佐竹様の近くで遊技する方が離れる傾向に…。結果的に貸し切り状態となってしまう事も珍しくありませんでした。

パチンコ店でまさかの「テロ行為」!?「悪気なき○○」に店員もお手上げ…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!