NEW

JRA川田将雅「この子は何も悪くない」スプリンターズS(G1)あの「悲劇」の涙から10年。師匠・安田隆行調教師に送る「感謝」のG1勝利へ

【この記事のキーワード】

, ,

JRA川田将雅「この子は何も悪くない」スプリンターズS(G1)あの「悲劇」の涙から10年。師匠・安田隆行調教師に送る「感謝」のG1勝利への画像1

「記録」よりも「記憶」に残る馬がいる。

 ダッシャーゴーゴーも、まさにそんな馬だったのではないだろうか。

 2009年、川田将雅騎手を鞍上に迎えデビューしたダッシャーゴーゴー。新馬戦を単勝1.6倍の圧倒的支持に応え快勝すると、乗り替わりなどを経て重賞でも上位争いをする短距離馬へと成長していく。

 再度、川田騎手が手綱を握る事となったのが、ダッシャーゴーゴー3歳の夏。北九州記念(G3)に出走したダッシャーゴーゴーは、終始外々を回らされる競馬でスムーズさを欠き11着に惨敗する。

 しかし、次のセントウルS(G2)では外国馬グリーンバーディーの追撃を凌ぎ切り快勝。本番のスプリンターズS(G1)を、有力馬の1頭として迎える事となった。

 スプリンターズSでは、1枠2番の内枠からスタート。終始内々を回ったレース運びで最後の直線へ入った。レースを引っ張った香港からの刺客ウルトラファンタジーが粘る中、これにゴール前詰め寄ったのがダッシャーゴーゴー。

 クビの上げ下げとなったが、最後は「ハナ差」凌いだウルトラファンタジーがこのレースを制した。しかし、2着入線のダッシャーゴーゴーは、まさかの降着。直線で内側に斜行しサンカルロの進路を妨害したとして、4着となったのである。

 しかし、この「悲劇」は序章に過ぎなかった。

 年が明けた3月、オーシャンS(G3)を川田騎手の騎乗で快勝したダッシャーゴーゴー。これで重賞2勝目となった本馬は、次の高松宮記念に2番人気と多くの支持を集める事となった。

 レース序盤の先行争い。7枠13番からスタートしたダッシャーゴーゴーは、先行するべく内へ進路を寄せていく。直線では早め先頭に立つも、最後は粘り切れずに4着惜敗……と思われた。だが、約半年前の「悲劇」は、同じくG1で繰り返される事となる。今度は3コーナーで進路を内に寄せた際、ジョーカプチーノを妨害したとして11着に降着となったのだ。

 まさかの、G1で2戦連続の降着……。

 その後、約2カ月半ぶりの復帰戦となったCBC賞(G3)。さすがに乗り替わりかと思われたが、安田隆行調教師との師弟関係からか陣営は引き続き川田騎手を鞍上に迎え入れた。

JRA川田将雅「この子は何も悪くない」スプリンターズS(G1)あの「悲劇」の涙から10年。師匠・安田隆行調教師に送る「感謝」のG1勝利へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!