NEW

凱旋門賞(G1)「引退撤回」はエネイブルだけじゃない! JRAディアドラ「異色の経歴」新パートナーが下剋上の起爆剤か

【この記事のキーワード】

, ,

凱旋門賞(G1)「引退撤回」はエネイブルだけじゃない! JRAディアドラ「異色の経歴」新パートナーが下剋上の起爆剤かの画像1

 4日、フランスのパリロンシャン競馬場で世界最高峰のレース・凱旋門賞(G1)が開催される。日本でも馬券発売がされるため、多くのファンが熱い視線を注ぐことになりそうだ。

 日本のジョッキーからは武豊騎手がアイルランド調教馬ジャパンで参戦を予定している。そして日本馬から唯一出走するのが、ディアドラ(牝6歳、栗東・橋田満厩舎)だ。

 昨年3月に出走したドバイターフ(G1)後、イギリスのニューマーケットを拠点に構えるディアドラ。香港、サウジアラビアなど、世界中のレースを転戦し、日本馬という枠にとらわれない存在となっている。昨年はナッソーS(G1)を制し、日本馬として19年ぶりのイギリスG1制覇という快挙を達成した。

 だが、今年初戦のモハメドユスフナギモーターズCを2着に敗れ、エクリプスS(G1)で5着、前走のナッソーSは最下位の7着に惨敗。いい臨戦過程で凱旋門賞を迎えられるとは言い難いだろう。

 昨年の凱旋門賞を2着に敗れ、「引退撤回」して史上初の3勝目を狙うエネイブルをはじめとした強力なライバルと比較すれば、ディアドラは伏兵の1頭にすぎない存在である。

 さらに、ディアドラにとって不安材料となるのが、O.マーフィー騎手とのコンビ解消だ。

 昨年のナッソーS以降、7戦すべてで手綱を取ってきたマーフィー騎手だが、欧州の移動制限や、カタールレーシングとの専属契約の関係で騎乗できないことになった。日本でもお馴染みの名手からの乗り替わりは歓迎できるものではないだろう。

 しかし、新パートナーとなるJ. スペンサー騎手に大仕事をやってのける期待が持てそうだ。

 日本ではあまり馴染みのないスペンサー騎手。これまでにジャパンC(G1)で4回、16年のワールドオールスタージョッキーズで計5回の来日をしている。だが、一度も馬券に絡んだことがないため、日本のファンに知られていないのは無理もないかもしれない。

 ただ、そんなスペンサー騎手が輝かしく、異色の経歴を持っていることは覚えておいた方がよさそうだ。

凱旋門賞(G1)「引退撤回」はエネイブルだけじゃない! JRAディアドラ「異色の経歴」新パートナーが下剋上の起爆剤かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!