NEW

JRAから“永久”追放も!? O.マーフィー騎手「コカイン陽性」で長期騎乗停止危機……過去には親日家L.デットーリ騎手「7年間」の空白も

JRAから永久追放も!? O.マーフィー騎手「コカイン陽性」で長期騎乗停止危機……親日家L.デットーリ騎手「7年間」の空白の画像1

 世界の競馬ファン、そして日本の競馬ファンにとっても衝撃的なニュースが駆け巡った。

 1日、昨年のジャパンC(G1)をスワーヴリチャードで制した英国のO.マーフィー騎手が、フランスでの騎乗後の検査の結果、コカインに陽性反応を示していたことがわかった。AP通信を始め、英レーシングポスト電子版など複数のメディアが報じている。

 今夏7月に仏シャンティイ競馬場に参戦していたマーフィー騎手だが、尿検査を実施した結果、コカインの陽性であることが判明したという。

 一方のマーフィー騎手は自身のTwitterを通じ「人生で一度もコカインを摂取したことはない」とコメント。すでに毛髪検査を研究所に依頼し、コカインが陰性であることを公表するなど「自分の潔白のために戦う」と、強い意思を見せている。

 今後はもう1つの基準となる検体Bの検査結果によって、処遇が決定することになりそうだ。

 昨年のジャパンCでJRA・G1初制覇を飾っただけでなく、今年年頭にはわずか1カ月程度で27勝を上げるなど「英国の若き天才」と称される手腕を日本の競馬ファンにもアピールしていたマーフィー騎手。

 また、以前から夢だったと語る日本参戦を果たした際には「ホテルに例えると“五つ星”」と日本競馬のコースや環境を絶賛。自身の公式サイトには「MO(オイシン・マーフィー)IN JAPAN」という日本の競馬ファンのための項目を設け、日本語で近況を掲載するなど、日本競馬を溺愛していることでも有名だ。

 それ故に、今回のニュースは日本の多くの競馬ファンにとってもショックだったようで、SNSや掲示板などでは「とりあえず結果を見守るしかないけど、マーフィー騎手に限ってあり得ない」「これはショック……」「陰性だと信じてます!」「挫けずにまた、日本に来てほしい」など、マーフィー騎手を応援する声が多数上がっている。

「まだ25歳の若者ですが、日本で見た印象は非常に真面目そうな好青年。今年も英国のリーディングを独走するなど、騎手としても非常に充実したシーズンを送っているだけに何事もないことを祈りたいですね。

ただ、もしコカイン接種が認められれば、半年以上の騎乗停止処分は免れないと思います。2012年には、世界的な名手L.デットーリ騎手がコカイン検出によって半年の騎乗停止となりました。近年では欧州諸国で禁止薬物についての関心が高まっており、アイルランドではコカインの陽性反応で5年間の騎乗停止という、極めて重い処分が下った例もあります。

いずれにせよ、もしコカイン検出が確定した場合、半年以上の騎乗停止となるだけでなく、その後のJRAへの短期免許取得は非常に厳しくなるでしょうね。場合によっては、もう日本でマーフィー騎手の騎乗を見ることはできないかもしれません」(競馬記者)

 実際に、1991年の初来日から2011年まで11度も日本参戦を果たしていたデットーリ騎手だが、2012年にコカイン検出によって半年の騎乗停止を受けて以降、次に来日が叶ったのは7年後、昨年2019年だった。

 外国人騎手だけに騎乗馬の都合も然ることながら、その背景には禁止薬物に対して厳正な姿勢を執るJRA側の意思が少なからず影響したことは想像に難しくない。

 先日、自身の公式サイトを通じて「日本へ行くことを11月に予定していましたが、このパンデミックの状況下、日本への入国が許されない現状です」と日本語で新型コロナウイルスの影響を語り、「安心できる状況になり次第、日本の皆さんに会いに行きます。日本の馬に再会出来る事も今から楽しみにしています」と日本の競馬ファンへメッセージを送っていたマーフィー騎手。

 果たして、苦境を乗り越えて再度来日を果たすことができるのか。それとも世界中のファンを裏切ってしまう結果になるのか。英国の天才騎手の動向が、世界中から注目されている。

JRAから“永久”追放も!? O.マーフィー騎手「コカイン陽性」で長期騎乗停止危機……過去には親日家L.デットーリ騎手「7年間」の空白ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?