NEW

何故エネイブルは昨年の凱旋門賞で敗れたのか。レース前、ゴスデン調教師「これはまずいことになった……」JRA・C.ルメールも指摘する「弱点」とは

【この記事のキーワード】

,

何故エネイブルは昨年の凱旋門賞で敗れたのか。レース前、ゴスデン調教師「これはまずいことになった……」JRA・C.ルメールも指摘する「弱点」とはの画像1
エネイブル 競馬つらつらより

「1強」に、本当に死角はないのだろうか……。

 4日、フランスのパリロンシャン競馬場で凱旋門賞(G1)が開催される。日本からはジャパンに騎乗する武豊騎手とディアドラが参戦。日本でも馬券発売されるため、多くのファンが世界最高峰のレースに注目することになるだろう。

 その一方、世界中の熱い視線を独り占めするのは、エネイブル(牝6歳、英・J.ゴスデン厩舎)だ。

 昨年、史上初の凱旋門賞3連覇に挑戦するも、2着に敗れたエネイブル。当初は昨年限りで引退予定だったが、凱旋門賞3勝を目標に現役続行となった。今年の始動戦・エクリプスS(G1)は2着に敗れたが、その後は2連勝と復調をアピール。万全の状態で、昨年のリベンジを狙う。

 今年はライバルと目されたガイヤース、マジカルが出走しないことで、英オークス馬ラブとの一騎打ちに思われた。だが、1日にラブの出走回避が決定。事実上、エネイブルの「1強」と呼べる状況になったのだ。

 もはや凱旋門賞3勝という快挙は揺るぎないように思われるが、そう簡単には行かないかもしれない。世界女王にとって、唯一の死角はラブが回避した「理由」にヒントがありそうだ。

何故エネイブルは昨年の凱旋門賞で敗れたのか。レース前、ゴスデン調教師「これはまずいことになった……」JRA・C.ルメールも指摘する「弱点」とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!