NEW

JRAグランアレグリアより買うべきはアノ馬! スプリンターズS(G1)平均配当「10万超え」の荒れるレースは「穴馬」選びが勝負の分かれ目!? 「激アツ現場情報」で完全的中を狙う!

JRAグランアレグリアより買うべきはアノ馬! スプリンターズS(G1)平均配当「10万超え」の荒れるレースは「穴馬」選びが勝負の分かれ目!? 「激アツ現場情報」で完全的中を狙う!の画像1

4日、中山競馬場でスプリンターズS(G1)が開催される。秋の短距離王決定戦にフルゲート16頭の快速馬が集結した。秋G1初戦を的中させ、これからのG1シーズンに弾みをつけたいところだ。

 過去10年の3連単平均配当は13万4129円と、荒れるレースということがよく分かる。その一方、1番人気が4勝、1~3番人気馬で8勝を挙げていることからも、上位人気馬を軽視できない。ヒモ荒れ必至のレースと言えるだろう。

 先週の神戸新聞杯(G2)はコントレイルとマイラプソディの2軸で勝負するも、後者が鼻出血で最下位という結果……。今週こそは「強力現場情報」をもとに、スプリンターズSをハナビ杉崎が攻略する。

JRAグランアレグリアより買うべきはアノ馬! スプリンターズS(G1)平均配当「10万超え」の荒れるレースは「穴馬」選びが勝負の分かれ目!? 「激アツ現場情報」で完全的中を狙う!の画像2

 まず「◎」はモズスーパーフレア(牝5歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 今年の高松宮記念(G1)勝ち馬を本命に推す。前走の北九州記念(G3)は昨年より1.5キロの斤量増という悪条件の中で2着に好走。昨年は同レース4着からの臨戦過程で挑み、本番で2着と結果を残していることを考えれば、今年はそれ以上の活躍に期待できそうだ。

「陣営はセントウルS(G2)を使うことも考えていたようですが、間隔が詰まってしまうので、それを避けて北九州記念を使っています。前年の好走ローテを踏襲していますね。追い切りでも好時計をマークしており、いい仕上がりで臨めそうですね。昨年はタワーオブロンドンに交わされて2着に敗れましたが、今の実力なら逃げ切りも十分にあり得るでしょう」(競馬記者)

 中山コースは【3,2,0,0】と大得意にしている。内枠に入ったことで、気分良く逃げられるのもプラス。もはや死角なしと言ってもいいだろう。

 次に「〇」はエイティーンガール(牝4歳、栗東・飯田祐史厩舎)だ。

 前走のキーンランドC(G3)は鋭い末脚で勝利。確実に繰り出す終いの脚は魅力的だ。モズスーパーフレアが演出する速いペースを味方につけるのではないだろうか。

「前走は馬場や枠順などがうまく噛み合っての勝利に見られますが、確実に力をつけています。決め手はいいモノがあるので、前傾のラップになれば楽しみですね」(厩舎関係者)

「久々の騎乗となる池添謙一騎手は『心身ともに成長を感じました。スムーズに折り合って末脚を活かせれば』と話していました。初の中山コースを克服できるかが鍵になりそうですね」(競馬記者)

 池添謙一騎手といえば、今年の安田記念(G1)を代打騎乗のグランアレグリアで勝利し、アーモンドアイから大金星をあげている。今回も坂井瑠星騎手の代打ということで、注目したい。

 そして、G1レースで忘れてはならないのが、春は牝馬が大活躍したことだ。先述の馬に加えて、大阪杯(G1)のラッキーライラック、宝塚記念(G1)のクロノジェネシスなどが該当。秋もこの流れが続いているかもしれない。

JRAグランアレグリアより買うべきはアノ馬! スプリンターズS(G1)平均配当「10万超え」の荒れるレースは「穴馬」選びが勝負の分かれ目!? 「激アツ現場情報」で完全的中を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?