NEW

サリオスほか3歳馬VS古馬の背景に存在する裏事情、JRA毎日王冠、伝統のG2が堅く収まらない訳!?

【この記事のキーワード】

, ,

強力3歳馬が出走する毎日王冠

 まさに電撃の6ハロンの異名に相応しい激闘となったスプリンターズステークスが終わり、今週から秋の東京・京都・新潟開催が始まる。本格的な秋競馬の開幕であり、いよいよ秋のG1シーズンが幕を開けるのである。

 その今週は秋の天皇賞やジャパンカップを目指す有力馬が出走する毎日王冠や、2歳重賞のサウジアラビアロイヤルカップが東京競馬場で、そして京都競馬場では伝統の京都大賞典が行われる。過去の優勝馬を見ても歴史に残る名馬が並ぶ注目のレースばかりだが、今回は天皇賞に直結するレースとして注目を集めている、毎日王冠についてまとめてみよう。

 この毎日王冠は今年で71回目を迎える伝統のG2レース。JRAでは年間に36の平地G2レースが行われるが、この毎日王冠はその中で最も格式が高く、出走馬のレベルも高く重要なレースといっても間違いないだろう。ここをステップに天皇賞(秋)を目指すか、マイルチャンピオンシップを目指すか、それとも香港を目指すか、陣営の狙いは様々。しかしそれだけに毎年豪華メンバーが出走することでも知られている。

 過去の優勝馬を見てみるとサイレンススズカを筆頭に、グラスワンダー、エイシンプレストン、バブルガムフェロー、オグリキャップ、サクラユタカオーなどその時代を代表する名馬がズラリ。それほどのレースだけに今年はどんな馬が勝利するのか、そして秋の天皇賞に出走するアーモンドアイに挑戦を叩きつけるのはどの馬なのか、まさに興味が尽きない。

 今年出走予定しているのは、春の実績馬や夏に重賞を勝利して勢いに乗る馬など多種多彩なメンバー。皐月賞と日本ダービーでコントレイルの2着だったサリオスや、デビューから3連勝で重賞を勝利したサトノインプレッサと、まずはこの3歳馬2頭が中心だろう。さらにザダル、ダイワキャグニー、コントラチェックといった古馬の実力馬も出走し、かなりの混戦模様。天皇賞(秋)やマイルチャンピオンシップに向けて注目の一戦となることは間違いない。

 もちろん競馬ファンであれば、グレードの高いレースは的中意欲が増すもの。そしてこのレースを的中できれば、波乱続きだった秋競馬でJRA銀行に納めた資金の回収もできよう。

 しかしこの毎日王冠は、次の大一番を見据えた調整的な位置付けとなるレースでもあり、出走馬が100%の状態で出走するとは限らないし、次の天皇賞を見据えて今までと違った乗り方を見せることもある。そういった意味では馬券的にも非常に難しいと言わざるを得ない。現に過去10年で万馬券は8回、30万馬券も3回発生。過去には1番人気が6連敗の波乱続きだったほどだ。

 そんな毎日王冠を的中させるのに必要なのは何か、それはやはり現場とつながりのある本物の関係者からの情報であろう。関係者の思惑や狙い、そして本音は一般的なマスコミ媒体(スポーツ紙、夕刊紙、競馬専門紙、テレビ、ラジオ、雑誌、ネットなど)に出ることはない。状態や騎乗作戦などの本音を明かすことは、自分にとって不利になり、相手にとって有利になるからだ。

 その状況で注目しているのは、競馬界で実際に活動していた本物の競馬関係者が多数在籍し、彼らが「身内」から入手した本物の情報を競馬ファンに直接提供している、競馬情報のプロフェッショナル集団「マスターズ」である。

「競馬は、馬主が大金を投資して購入した競走馬を、厩舎が預かって仕上げ、その仕上げた競走馬に騎手が跨って勝利へと導くもの。この流れでキーワードになっているもの、つまり馬主・厩舎・騎手を押さえておけば、馬券は高確率で獲れると言っても過言はありません。マスターズにはその3要素である馬主・厩舎・騎手にそれぞれ特化したチームがあり、現場レベルのありとあらゆる関係者情報を聞いています。

意外に知られていない競馬界の構図

 現3歳世代でも抜けた存在であるコントレイルとサリオス。神戸新聞杯をコントレイルが勝ち、この毎日王冠にはサリオスが出走します。1番人気が確実な同馬ですが、その取捨はもちろんのこと、我々はすでに鉄板級の本命馬から相手3頭まで既に絞りこめており、的中に関して揺るぎない自信を持っています。

 特にその相手3頭に関しては、JRAから取材規制を受けているマスコミではまず入手することができない、ある関係者の思惑が重要。業界広しといえど、この情報は我々だけが入手したもの。それを可能としたのが、マスターズが誇るスタッフと現役競馬関係者との太いパイプ。現役時代から旧知の仲だからこそ得られるこの情報は、マスコミを含め他の追随を許しません。

 今回は、マスターズの情報力を確かめていただくため、特別に毎日王冠の情報を無料で提供いたします。次のG1レースではなくここで100%の勝負をする穴馬もおり、話通りに決まれば馬連3点で手堅く20倍も狙える情報です。少ない資金で大きな払戻も狙えるレースですので、ぜひ参考にしてください。

 毎日王冠は昨年完全的中、一昨年も万馬券を含め完全的中と相性抜群のレース。ぜひこの無料情報を活用し、本物の情報とは何かを知ってほしいと思います

 以上のようにマスターズの担当者は毎日王冠に向けて絶大な自信を見せているが、実際にマスターズの実績を見ればその自信にもうなずけるものだ。例えば毎日王冠が行われる東京競馬場は、春のG1レースでヴィクトリアマイル~オークス~日本ダービー~安田記念と4週連続で的中を達成。そして今年は既に万馬券を155本的中させ、中には中山開催で的中させた3連単40万1980円という高額万馬券も含まれている。そしてほぼ毎月のように10万馬券を超える特大万馬券を的中させているのだから、この無料情報を使わない手はない。

夢のような40万馬券を的中させるマスターズ

 デアリングタクトが無敗の三冠をかけて出走する来週の秋華賞、ディープインパクト以来となる無敗の三冠馬を目指すコントレイルが出走する再来週の菊花賞など、今後は目が離せない大一番が続く。そのビッグレースに向けて、今週の毎日王冠は「マスターズの無料情報」を活用し、きっちりと軍資金を稼ぎたいところだ。

CLICK→【無料公開!毎日王冠・馬連3点勝負馬券】マスターズ

※本稿はPR記事です。

サリオスほか3歳馬VS古馬の背景に存在する裏事情、JRA毎日王冠、伝統のG2が堅く収まらない訳!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!