NEW

JRA国枝栄厩舎「ポスト・アーモンドアイ」へ――ディープインパクト産駒、C.ルメール騎乗の注目馬サトノレイナス試金石の一戦!

【この記事のキーワード】, ,

JRA国枝栄厩舎「ポスト・アーモンドアイ」へ――ディープインパクト産駒、C.ルメール騎乗の注目馬サトノレイナス試金石の一戦!の画像1

 4日の中山9Rには、注目の2歳牝馬限定戦サフラン賞(1勝クラス)が行われる。

 その中でも最注目馬として人気を集めそうなのが、サトノレイナス(牝2歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

 母は、アルゼンチンの1000ギニーにあたるポージャ・デ・ポトランカス(G1)、オークスにあたるセレクシオン大賞(G1)をともに楽勝した名牝。父には「日本の至宝」ディープインパクトを持つ良血馬である。

 オーナーは数々の名馬を送り出す、サトミホースカンパニーの里見治氏。香港ヴァーズ(G1)や宝塚記念(G1)を勝利したサトノクラウン、菊花賞(G1)や有馬記念(G1)を勝利したサトノダイヤモンドなど、挙げ始めればきりがない。

 サトノレイナスもそんな名馬たちに続けと、昨年の春に発売された各POG(ペーパーオーナーゲム)誌でも大きく取り上げられた。

『Gallop臨時創刊 丸ごとPOG』(サンケイスポーツ)のインタビューでは、里見氏自身が「2歳のラインアップの中で、牡馬も合せて間違いなくナンバーワンです」と断言しており、否応なしに期待は高まっていた。

 今年の2歳新馬戦の初週、東京マイルの牝馬限定戦でデビューを迎えたサトノレイナスは、1.4倍の圧倒的支持を集め1番人気。

 レースでは中団につけ、終始外々を回す競馬。最後の直線では、他馬に寄られて外に逃げるような幼さを見せたが、人気に応え勝利を掴んだ。

JRA国枝栄厩舎「ポスト・アーモンドアイ」へ――ディープインパクト産駒、C.ルメール騎乗の注目馬サトノレイナス試金石の一戦!の画像2

 騎乗したC.ルメール騎手は「まだ子供で、直線は内の馬を見て外へ行きました。まっすぐ走れば楽勝でした」とコメント。能力は認めつつも、精神面での課題を挙げた。

 サトノレイナスの兄は、父にディープインパクトを持つサトノフラッグ。今年の弥生賞(G2)を快勝した全兄は、皐月賞(G1)でルメール騎手が騎乗した。5着に敗れたサトノフラッグについて「相手が強いのは分かっていたけど、こちらもいい脚が使えると思っていた。ちょっと分からない……」とコメント。

 精神面で不安定なのは、兄妹揃って似ているのかもしれない。

 とはいえ、兄のサトノフラッグはデビュー戦で6着に敗れた後、弥生賞まで3連勝。サトノレイナスも叩いた上積みが見込めるなら、新馬勝ちを収めた意味は大きいといえるだろう。

JRA国枝栄厩舎「ポスト・アーモンドアイ」へ――ディープインパクト産駒、C.ルメール騎乗の注目馬サトノレイナス試金石の一戦!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか