NEW

JRAダンシングプリンス「モズスーパーフレア超え」驚異的スピードで6連勝! ダートの怪物、3戦連続「芝スタート」に感じる可能性に陣営は……

【この記事のキーワード】,

JRAダートの怪物ダンシングプリンス「モズスーパーフレア超え」驚異的スピードで6連勝! 3戦連続「芝スタート」に感じる可能性に陣営は……の画像1

 4日、中山競馬場で行われた外房S(3勝クラス)は、単勝1.3倍の圧倒的1番人気に推されたダンシングプリンス(牡4歳、美浦・宮田敬介厩舎)が優勝。破竹の6連勝で一気のオープン入りを決めた。

 スプリンターズS(G1)の興奮冷めやらぬ中山競馬場だが、こちらも“快速ぶり”では負けていなかった。

 16頭立てで行われたダート1200mのレース。発馬こそまずまずだったダンシングプリンスだが、圧倒的なダッシュ力を見せて迷わずハナへ。後続からマークされる厳しい展開となったものの、最後の直線でもうひと伸び。ゴール前では、鞍上の三浦皇成騎手が手綱を緩める楽勝劇だった。

JRAダートの怪物ダンシングプリンス「モズスーパーフレア超え」驚異的スピードで6連勝! 3戦連続「芝スタート」に感じる可能性に陣営は……の画像2

「時計以上にきつい競馬の中、よく突き放してくれました。息が入ったのは3コーナー過ぎで、そこからリズムを取り直して粘ってくれました」

 レース後、そうダンシングプリンスを評価した三浦騎手。この日は、やや溜め気味の逃げで、最後に後続を突き放した走りは確かな進化といえるだろう。

「3連勝でJRAへ再転厩してから1勝クラスを1.6秒差、2勝クラスを0.7秒差とじょじょに着差が詰まっていたこともあって、今回が試金石になると思っていました。

今回は0.2秒差まで詰まりましたが、手応え的にはまだまだ余裕がありそう。前走でダート1150mの日本レコードを更新するなど、すでにオープンクラスでも遜色ない時計を記録しているだけに、今後ますます楽しみが広がりますね」(競馬記者)

 また、この日が開催日ということもあってか、来年のスプリンターズS参戦を推す声もあるから驚きだ。

JRAダンシングプリンス「モズスーパーフレア超え」驚異的スピードで6連勝! ダートの怪物、3戦連続「芝スタート」に感じる可能性に陣営は……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声