NEW

JRAダンシングプリンス「モズスーパーフレア超え」驚異的スピードで6連勝! ダートの怪物、3戦連続「芝スタート」に感じる可能性に陣営は……

【この記事のキーワード】,

「ここまでの6連勝はすべてダートですが、中央に戻ってからの3戦は、いずれも芝スタートで驚異的なダッシュ力を見せています。あの走りを見せられると『芝でもやれるんじゃないか』と思わせてくれますね。

芝では昨夏2戦して未勝利でしたが、あの時とは馬が違いますし、父パドトロワも芝の短距離で活躍した馬。宮田調教師ら陣営が来年のドバイゴールデンシャヒーン(G1)を目標にしていることから、当面はダートになりそうですが、いずれは芝の走りも見てみたい馬です」(別の記者)

 記者が話す通り、この日の外房Sも芝からのスタートとなったが、ダンシングプリンスが最初の200mで刻んだラップは11.8秒。これはスプリンターズSでモズスーパーフレアやビアンフェが刻んだ11.9秒よりも速い。

 あくまでテンのスピードに過ぎないが、ダンシングプリンスにも今年のスプリンターズSで主導権争いに加われた可能性があったことは確かだろう。

 父パドトロワといえば、重賞3勝を上げた快速馬。2011年のスプリンターズSでは2着と、あと一歩でG1制覇に届かなかった経緯がある。

「ちなみに、当時のスプリンターズSを勝ったのはカレンチャン。産駒では、先日オープン入りを果たしたカレンモエという馬がいます。こちらも強い内容で3勝クラスを勝ち上がり、今後のスプリント路線で注目されている存在。

来秋のスプリンターズSで2頭が対戦することになれば、血統好きの競馬ファンは盛り上がるでしょうね」(同)

「もっと力をつけないと、上のクラスではこのパフォーマンスができないと思います。牧場からスタッフが大事に仕上げてくれたので、勝因はそこにあると思います」

 最後には、そう兜の緒を締め直した三浦騎手。自身にとっても待望のG1初制覇へ、地方から帰ってきた“怪物”が、いよいよ一線級に殴り込みをかける。

JRAダンシングプリンス「モズスーパーフレア超え」驚異的スピードで6連勝! ダートの怪物、3戦連続「芝スタート」に感じる可能性に陣営は……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」
  2. JRA“イジメ”のような神展開に霜降り明星・粗品ブチ切れ確実!? これぞ「逆神」たる所以か…狙い通りの単騎逃げ成功も、まさかの1、2番人気強襲で撃沈
  3. 「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相
  4. JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚
  5. JRA川田将雅「ロケットスタート」でもシルバーコレクター濃厚!? 4度目の正直に立ちはだかる天敵のモデルチェンジ
  6. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  7. JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星
  8. JRA 「相手が悪かったかな」武豊も脱帽した怪物ダート馬がまたも登場!? 馬主は「2週連続」大物引き当てる強運の持ち主
  9. JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード
  10. JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配