NEW

JRA池添謙一グランアレグリア「日本で一番強い」スプリンターズS(G1)圧勝に最大級評価! アーモンドアイと注目の第2ラウンドの舞台とは

JRA池添謙一グランアレグリア「日本で一番強い」スプリンターズS(G1)圧勝に最大級評価! アーモンドアイと注目の第2ラウンドの舞台とはの画像1

 4日、中山競馬場で行われた秋G1開幕戦・スプリンターズS(G1)はC.ルメール騎手の1番人気グランアレグリア(牝4、美浦・藤沢和雄厩舎)が優勝。アーモンドアイを破った春の安田記念(G1)から直行した秋の始動戦を、他馬を寄せ付けない圧勝劇で飾った。

「グランアレグリアの強さは素晴らしいです」

 昨年の阪神C(G2)を優勝して以来のコンビ復活となったC.ルメール騎手のこの言葉に、すべてが集約されているのかもしれない。

 フルゲート16頭で争われたレースは、逃げたモズスーパーフレアに外からビアンフェが競りかけたこともあり、かなりのハイペースで流れた。休み明けでスプリントG1に出走したこともあってか、グランアレグリアはスタートから出足がつかず道中は押っつけながらの追走。

 直線に入ってもまだ後方2番手の位置取りは絶望的にすら映ったが、スイッチが入ると本領発揮。他馬が止まって見えるような異次元の切れ味で先行馬群を一気に交わし去った。

 今は亡き父ディープインパクトに産駒初となるスプリントG1優勝をプレゼント。次走に予定しているマイルCS(G1)での春秋マイル王戴冠に弾みをつけた。

JRA池添謙一グランアレグリア「日本で一番強い」スプリンターズS(G1)圧勝に最大級評価! アーモンドアイと注目の第2ラウンドの舞台とはの画像2

 その一方、この勝利を当然とばかりに振り返ったのが、安田記念でコンビを組んだ池添謙一騎手だ。池添騎手は『netkeiba.com』で配信している『謙聞録』内でスプリンターズSを回顧。詳細はぜひ動画をご覧いただきたいが、グランアレグリアについて「日本で一番今強いでしょ。天皇賞行ってもアーモンドアイといい勝負」と最大級の評価を与えた。

 実際に直接対決となった安田記念で池添騎手とグランアレグリアのコンビはアーモンドアイに2馬身半差をつけて完勝。自身が手綱を取って勝利に導いた実績があるだけに説得力がある。

「グランアレグリアは昨年のスプリンターズSに登録したものの、左前脚の不安で回避した経緯もあり、今年出走したことは不思議ではありません。ですが、追走に手間取って後方からの競馬となった高松宮記念、スプリンターズSの2戦を見た印象だと生粋のスプリンターかと言われると微妙かもしれません。

どちらかというと能力が高い故に、適性外の距離でもお釣りがあったような印象すらあります。池添騎手が天皇賞でもと評したように、マイルから2000mくらいの距離が合っている可能性も十分ありそうです」(競馬記者)

JRA池添謙一グランアレグリア「日本で一番強い」スプリンターズS(G1)圧勝に最大級評価! アーモンドアイと注目の第2ラウンドの舞台とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?