NEW

JRA 6億円ホース・アドマイヤビルゴの“弟分”がデビュー前に「骨折」。近藤オーナー最後の「高額落札馬」に脚部不安は宿命か……

【この記事のキーワード】,

JRA 6億円ホース・アドマイヤビルゴの弟分がデビュー前に「骨折」。近藤オーナー最後の「高額落札馬」に脚部不安は宿命か……の画像1

 今週末から中央競馬では東京、京都、新潟の3場開催が始まる。京都開催では無敗の3冠をかけてデアリングタクトが秋華賞(G1)、コントレイルが菊花賞(G1)に挑戦。また、東京開催では天皇賞・秋(G1)はアーモンドアイが史上初の芝G1・8勝をかけて出走するなど、楽しみなレースが目白押しだ。

 その一方で、2歳新馬戦からも目が離せない。

 過去に10月デビューから羽ばたいた馬はキズナ、エピファネイア、サトノクラウン、レイデオロなど挙げればキリがない。2008年10月26日の京都5Rは、後のG1馬が3頭出走した「伝説の新馬戦」として語り継がれているほどだ。

 例に漏れず、今年も多くの注目馬が10月にデビューを予定している。その中でも、ザレストノーウェア(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)が注目の的だった。

 昨年のセレクトセールにて最高額の3億6000万円で落札されたザレストノーウェア。全姉にG1・2勝のミッキークイーンを持つ良血馬だ。ディープインパクト産駒としては、2歳世代の中でもトップ級の評価を受けている存在である。

JRA 6億円ホース・アドマイヤビルゴの弟分がデビュー前に「骨折」。近藤オーナー最後の「高額落札馬」に脚部不安は宿命か……の画像2

 同馬を落札したのは、アドマイヤの冠名で知られる故・近藤利一さん。17年のセレクトセールにて5億8000万円で落札したアドマイヤビルゴが今も話題となっている。同じ落札者、友道厩舎所属という点で、ザレストノーウェアはアドマイヤビルゴの“弟分”とも呼べるだろう。

 昨年12月に近藤オーナーが他界したため、名義は妻の近藤旬子オーナーに引き継がれた。だが、今年に入ってザレストノーウェアは大塚亮一オーナーに名義変更。そのため、馬名はアドマイヤの冠名がついていないのだ。

 ちなみに馬名は「Eclipsefirst, therestnowhere」が由来。英国の名馬エクリプスから生まれたことわざで、日本語に訳すと、「唯一抜きん出て、並ぶ者なし」という意味だ。馬名からも期待の高さが窺えるだろう。

 そんな注目を集めるザレストノーウェアは、菊花賞当日の新馬戦でデビューを予定していた。同レースは18年にワールドプレミア、08年にアンライバルドが制したレースだけに、友道厩舎にとって縁起のいいレース。前者は翌年の菊花賞を勝ち、後者は伝説の新馬戦の勝ち馬として皐月賞馬に輝いた。このことからも、ザレストノーウェアにかかる期待の大きさが伝わるはずだ。

 しかし、デビュー戦に向けて調整されていたザレストノーウェアは、左後肢を骨折。放牧に出されることになり、デビューは延期となってしまった。

JRA 6億円ホース・アドマイヤビルゴの“弟分”がデビュー前に「骨折」。近藤オーナー最後の「高額落札馬」に脚部不安は宿命か……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待