NEW

JRA C.ルメール、M.デムーロ「因縁」の対決!? アルマドラードVSシテフローラル! 日本ダービー馬とグランプリホースの弟同士が新馬戦で激突

【この記事のキーワード】

, ,

JRA C.ルメール、M.デムーロ「因縁」の対決!? アルマドラードVSシテフローラル! 日本ダービー馬とグランプリホースの弟が新馬戦で激突の画像1

 新馬戦で日本ダービー馬とグランプリホースの弟同士が激突する。

 11日、東京・芝2000mの新馬戦に、アルマドラード(牡2歳、美浦・藤沢和雄厩舎)とシテフローラル(牡2歳、美浦・堀宣行厩舎)が出走予定だ。

 両馬は、ともにG1ホースの弟。アルマドラードの兄レイデオロが日本ダービー(G1)、天皇賞・秋(G1)とG1を2勝したのに対し、シテフローラルの兄サトノクラウンは香港ヴァーズ(G1)、宝塚記念(G1)とこちらもG1を2勝した。

 アルマドラード、シテフローラルにとっては、お互い因縁の相手といえるだろう。

 この兄2頭は同時期に活躍し、現役時はジャパンC(G1)とドバイシーマクラシック(G1)で対戦。ともにレイデオロが先着している。

 ジャパンCでは、同舞台の日本ダービーを制していたレイデオロが2着に対し、サトノクラウンが10着。ドバイシーマクラシックでは、レイデオロが4着で、サトノクラウンが7着だった。

 ドバイシーマクラシックはメイダン競馬場で行われており、芝コースはバミューダグラスに洋芝のペレニアルライグラスをオーバーシードした馬場。バミューダグラスは日本で使用している野芝同様、匍匐茎(ほふくけい)という地中に広がる茎を持っており、日本の馬場に近いといえるだろう。

 最後の直線も450mと長く、日本馬のステイゴールドやハーツクライ、ジェンティルドンナが同レースを制している。

JRA C.ルメール、M.デムーロ「因縁」の対決!? アルマドラードVSシテフローラル! 日本ダービー馬とグランプリホースの弟が新馬戦で激突の画像2

 サトノクラウンは持込馬で、父母ともにアイルランド生産馬。父マルジュ、母父ロッシーニの馬名を日本であまり聞かないのはそのためだ。

 単純にレイデオロの方が強かったというのは早計であり、持込馬であるサトノクラウンよりも、日本的な血統であるレイデオロの適性が高かった可能性もあるだろう。

 今回、弟たちが新馬戦で対戦する舞台は東京・芝2000m戦。

JRA C.ルメール、M.デムーロ「因縁」の対決!? アルマドラードVSシテフローラル! 日本ダービー馬とグランプリホースの弟同士が新馬戦で激突のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!