NEW

JRA屈指の名牝・ウオッカ6番仔セブンポケッツが英国で始動!! 繁殖で苦戦が続く亡き母の“期待の星”となれるか

【この記事のキーワード】,

JRA屈指の名牝・ウオッカ6番仔セブンポケッツが英国で始動!! 繁殖で苦戦が続く亡き母の期待の星となれるかの画像1

 2007年の日本ダービーを優勝するなどG1・7勝を挙げた名牝ウオッカは、2019年4月に病気(蹄葉炎)のため、惜しまれつつもこの世を去った。

 そのウオッカの第6仔であるセブンポケッツ(牡3、英・R.ヴェリアン厩舎)が、今月8日に英チェルムスフォード競馬場で行われる未勝利戦(3~4歳・AW2000m)に登録されていると話題だ。

 ウオッカは引退後、繁殖牝馬として英国に渡った。現地では、シーザスターズやフランケルなど欧州の超一流馬らと種付けられ、その“夢の配合”での繁殖は死去するまで続いた。

 だが、多くの関係者の期待とは裏腹に、ウオッカは繁殖で苦戦。シーザスターズを父に持つ初仔ボラーレは2戦した後に放牧先で急死。第2仔ケースバイケースは6戦するも勝利を挙げることができずに未勝利で繁殖入り。第3仔タニノアーバンシーは待望の産駒初勝利を挙げるも、重賞勝利には手が届かず、19戦4勝の成績を残し、現在は繁殖牝馬として活動している。

 また父がフランケルに変わって誕生したタニノフランケルは、関係者たちも楽しみにしいた存在だったが、現在まで24戦4勝。現役は続行中であるものの、近走は掲示板にすら載ることなく低迷が続く。インヴィンシブルスピリットを父に持つタニノミッションも現役だが、こちらは17戦1勝と“1勝クラス”の壁も突破できていない。

「ウオッカ産駒は絵に描いたような良血馬として誕生していますが、これまで日本を含めて重賞制覇を達成した産駒は誕生していないなど、懸けられた期待に応えられている仔はまだ登場していません。

今回出走登録されて話題になったセブンポケッツは父にフランケルを持つ良血。ヨーロッパでこの血統がどれほど評価されるのかを試す意味もあり、現地で最高とされるミックスセール『タタソールズ・ディセンバーセール』に上場されています。競りでは最終的に折り合いがつかずに主取となったものの、28万5000ギニー(約4300万円)まで上りました」(競馬誌ライター)

 結局、セブンポケッツは母ウオッカを所有していた谷水雄三オーナーが所有する形で、現役生活をスタート。体質が弱いこともあり、時間を掛けてじっくりと成長させてからデビューする方針だったようだ。

 今回、セブンポケッツが登録されたレースは、最大出走頭数は16頭であるものの、31頭がエントリー中であるため、除外、回避の可能性もある。だが、デビューできるレベルにまで仕上がったという事実が大切だ。ここで出走ならずとも、次のレースに期待が残る。

 待望のデビューを控えているセブンポケッツ。これまでの遅れを取り戻すかのような目覚ましい活躍を見せ、ジャパンC(G1)で日本に凱旋、という未来を見せてもらいたい。

JRA屈指の名牝・ウオッカ6番仔セブンポケッツが英国で始動!! 繁殖で苦戦が続く亡き母の“期待の星”となれるかのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
2元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
3「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
4コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
8武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
9名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
10ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?