NEW

JRA武豊「隔離」で代打騎乗! 日本ダービー(G1)を制した「浜中俊×角居勝彦」で蘇る“奇跡”の共通点

【この記事のキーワード】

, ,

JRA武豊「隔離」で代打騎乗! 日本ダービー(G1)を制した「浜中俊×角居勝彦」で蘇る奇跡の共通点の画像1

 11日、京都競馬場で行われる京都大賞典(G2)に、キセキ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)が出走を予定している。

 近2走でキセキに騎乗していた武豊騎手であったが、先日行われた凱旋門賞(G1)騎乗のため渡仏。帰国後は政府の要請で2週間の隔離期間が必要となる。

JRA武豊「隔離」で代打騎乗! 日本ダービー(G1)を制した「浜中俊×角居勝彦」で蘇る奇跡の共通点の画像2

 そこで、代打騎乗を任されたのが浜中俊騎手だ。

 浜中騎手といえば、先週のシリウスS(G3)でメイショウワザシに騎乗。4コーナーで内側へ斜行した事により、17日から25日まで9日間(開催4日間)の騎乗停止処分が下っている。度重なる大舞台での審議……。すっかりダーティーなイメージを持たれている浜中騎手だけに、ここは汚名返上といきたいところだ。

 そんな浜中騎手であるが、今回のキセキと同じ角居調教師とのコンビでは快挙も成し遂げている。ロジャーバローズと挑んだ、昨年の日本ダービー(G1)だ。

 リオンリオンが引っ張ってハイペースとなった日本ダービー。ロジャーバローズで挑んだ浜中騎手は、それを見るように少し離れた2番手を追走した。

 残り400mを切って早くも先頭に立ったのは「白、緑一本輪、白袖」の勝負服。ロジャーバローズだ。

 3番手以降も少し離れていたが、直線では浜中騎手が後ろを待たずに追い出す肝の据わった騎乗。最後はダノンキングリーに追い詰められるも、そのまま押し切ってのゴール。12番人気の低評価を覆し、見事ダービージョッキーに輝いた。

 あれから1年と4カ月が経ち騎乗するキセキは、不良馬場の菊花賞(G1)を制してから勝ち星がない。

 G1でも善戦はするものの、天皇賞・秋(G1)3着、ジャパンC(G1)2着、大阪杯(G1)2着。そして、宝塚記念(G1)でも昨年、今年と連続の2着だ。菊花賞での栄光から、G1レースでの2着が4回。G1での勝利はおろか、G2でも勝利に届かないのだ。

 そんなキセキの馬主、石川達絵氏の勝負服は「白、緑二本輪、白袖」。ロジャーバローズの馬主、猪熊広次氏の勝負服「白、緑一本輪、白袖」に緑一本輪を足した、非常に似たデザインとなっている。

 ダービーでの勝利を思い出させる「白」と「緑」。

 12番人気のロジャーバローズを勝利に導いたコンビであれば、何か“奇跡”を起こしそうな予感がする。

JRA武豊「隔離」で代打騎乗! 日本ダービー(G1)を制した「浜中俊×角居勝彦」で蘇る“奇跡”の共通点のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!