NEW

市川海老蔵、麻央さん急逝から3年たって「新たな恋」に言及! ファンは「子どもたちが…」「再婚で幸せになるべき」と賛否両論

【この記事のキーワード】

,

市川海老蔵、麻央さん急逝から3年たって「新たな恋」に言及! ファンは「子どもたちが…」「再婚で幸せになるべき」と賛否両論の画像1

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が「新たな恋」について語り、ファンの間で「独身のままでいるべき」「再婚してもいいと思う」と賛否を呼んでいる。

 海老蔵は、6日に公式YouTubeチャンネルに「【恋愛はするの?】難しい質問。でもやっぱり…」と題した動画を投稿。ドライブしながらざっくばらんに質問に答えるという形式で、恋愛にまつわるトークを展開した。

 海老蔵は「恋愛とかしてみたいよ」と本音を告白したが、明確な区切りのある「彼女と別れた」「離婚した」といったケースと違い、自身の場合は「ピタっと切り替えられるかというと……思った以上に時間がかかる」と明かした。

 すぐに新たな恋愛というのは難しい状況のようだが、妻の小林麻央さん(享年34)を亡くして3年以上の歳月が経過したことで「そういうこと(新たな恋愛)も考えないといけないなと思うようにはなった」と心境の変化を口にしている。

 恋愛対象は18歳~50歳としたが、あくまで目安のようで「ステキな人だったら何歳でも」とのこと。「18歳だろうとおばあちゃんだろうと恋に落ちたら恋でしょ」「恋に落ちたら年齢なんて関係ない」と名言も飛び出し、かつての“歌舞伎界一のモテ男”の片鱗をのぞかせた。

 女性に惹かれるポイントは「俺と会話が成立するか」とのことで、歌舞伎のことをはじめとした難しい話をしても理解してくれる容姿端麗な女性がタイプだと告白。そういう点でも「麻央は話はわかるし、聞き上手だし、プロだよ、本当に」と麻央さんは理想的な女性だったと語り、続けて「そんなこと言ってたらまた(新たな恋が)遠のいちゃう」と自分にツッコミを入れた。

 海老蔵の「新たな恋」について、ネット上では賛否両論が発生。否定的な意見としては「恋愛はいいけど再婚は……子どもたちが受け入れられるかな」「ここで再婚したら子どもたちの心の揺らぎは必ずある」「次のお相手は絶対に麻央さんを超えられないから可哀想」「子どもたちを第一に考えてあげてほしい」など、子どもたちへの影響を危惧する声が目立っている。

 その一方で「まだ若いんだから恋愛すべき」「海老蔵さんと子どもたちが幸せになるなら麻央さんも応援してくれるはず」「もし自分が夫より先に亡くなったとしたら、やっぱり夫に再婚して幸せになってほしいと思う」といった応援意見も多数。海老蔵や麻央さんはもちろん、長女の麗禾ちゃんや長男の勸玄くんも含めてメディアを通して親しみを感じているファンが多いだけに、我がことのように考える人が続出しているようだ。

 だが、そういった新たな恋や再婚の問題とは別に物議を醸している点もあるという。

「海老蔵さんが理想の女性のポイントとして『俺との会話が成立する女性』『難しい話をしても理解できる人』と語ったことに、一部で『あまりにも上から目線』『俺様すぎる』『相手に合わせる気はないの?』などと批判が起きています。また、麻央さんを『聞き上手だし、プロだよ』と評したことも、一般的にあまり妻に対して『プロ』という言葉は使わないので疑問の声が噴出しているようです」(芸能ライター)

 麻央さんとの結婚や子どもたちの誕生によって「人が変わった」といわれた海老蔵だが、まだちょっとした言葉の端々に「俺様」が出てしまうようだ。十三代目市川團十郎白猿の襲名も控えているだけに、新たな恋愛よりもまずは“人間修行”の方が急務かもしれない。

市川海老蔵、麻央さん急逝から3年たって「新たな恋」に言及! ファンは「子どもたちが…」「再婚で幸せになるべき」と賛否両論のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!