NEW

JRA史上初の快挙へ―― 安田隆行調教師「まさか、ここまで活躍するとは」……。 悲願「父ロードカナロア」でのG1制覇へ“夢”のスプリント配合が走り出す

【この記事のキーワード】

,

JRA史上初の快挙へ―― 安田隆行調教師「まさか、ここまで活躍するとは」……。 悲願「父ロードカナロア」でのG1制覇へ夢のスプリント配合が走り出すの画像1 父ロードカナロアでのG1勝利へ――

 先週のスプリンターズS(G1)では、惜しくも2着に敗れたダノンスマッシュ。安田隆行厩舎としてはダイアトニック(13着)とのロードカナロア産駒2頭出しで挑んだが、勝利を得る事はできなかった。

 厩舎にとって特別な存在だったロードカナロアの産駒でのG1制覇は、またもお預け。次のG1出走に持ち越される事となった。

 安田隆師といえば、スプリンターを育て上げるのを得意とする調教師だ。ロードカナロアも現役時代に師が管理し、G1を6勝。日本ではスプリンターズS、香港でも香港スプリント(G1)を連覇した世界的名スプリンターだ。

 ロードカナロアには思い入れのある師だけに、その産駒でのG1制覇は悲願となっている。

 そんな中、安田隆厩舎の新たなロードカナロア産駒が、春のスプリントG1「高松宮記念」に照準を合わせているという。先月末の長篠S(3勝クラス)を快勝したカレンモエ(牝4歳)だ。

 安田隆調教師は『中日スポーツ』の取材に「前走の勝ちっぷりなら、重賞でもやれると思います。この後は京阪杯からシルクロードS、そして高松宮記念へ」と、今後の期待を口にしたという。

 京阪杯→シルクロードS→高松宮記念というローテーションは、まさにカレンモエの父であるロードカナロアと同じ。そこからスターダムへと駆け上がった父を思えば、師の期待感がヒシヒシと伝わってくる。

 カレンモエは、父ロードカナロアに、母がカレンチャンという血統。

 母のカレンチャンも安田隆厩舎で管理されていたが、こちらもG1を2勝。春秋スプリントG1である、高松宮記念とスプリンターズSを制した名スプリンターだ。安田隆調教師にとって、カレンモエはまさに“夢”の詰まった血統なのである。

JRA史上初の快挙へ―― 安田隆行調教師「まさか、ここまで活躍するとは」……。 悲願「父ロードカナロア」でのG1制覇へ“夢”のスプリント配合が走り出すのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!