NEW

嵐「活動休止」前兆はデビュー当時から? グループ随一の“変わり者”に憶測の声

【この記事のキーワード】

,

嵐「活動休止」前兆はデビュー当時から? グループ随一の変わり者に憶測の声の画像1

 今年いっぱいでグループでの活動を休止するが、9月30日発売号の情報誌「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)に登場。今号から、嵐と本誌の歴史を振り返る新連載「ザ嵐ビジョン」がスタートし、初回は同誌初登場となった1999年11月12日号の記事が掲載された。

「今回はデビューして間もない頃のインタビュー記事となりました。その中で、松本潤が『仕事に対する責任は重くなった感じしない?』と問いかけると、二宮和也は賛同しながらも『俺がダメでも他の誰かが』と、ジャニーズJr.時代は無責任な気持ちが強かったことを告白。しかし、嵐に属してからは『嵐の俺の代わりはいないんだな~って』と、意識が高まったことを明かしていました」(芸能ライター)

 一方、メンバーの“個性”について話題になると、やはりリーダー・大野智が注目の的に。二宮の「基本的に嵐って、変わった人いない」という分析に対し、櫻井翔は「だね。大野くん以外は」と返していた。

「大野といえば、特技のアートは個展を開くほどの腕前で、趣味の釣りは同資格で最上級の一級小型船舶免許を取得するレベルの入れ込み具合です。最近では、お笑い芸人・ヒロシの影響で、キャンプにもハマっているみたいですからね。自身のペースを崩さずに何かに没頭する、生粋のアーティスト気質と言えます。

ただその一方で、大野は『一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい』という理由から、活動休止を申し出た張本人。そのため、一部ファンからは『もともと、アイドルを長く続ける気はなかったのかも』『デビュー当時から、独自の道を歩む予定だった?』といった声が上がるなど、活動休止には予兆があったとの見方もあるようです」(アイドル誌ライター)

「三つ子の魂百まで」「悠々自適」とった表現がもっとも似合う、大野の揺るぎない本質。一部では「活動休止後にいずれ解散」との憶測も飛び交っているが、果たして大野の心に「嵐復活」という言葉はあるのだろうか……。

嵐「活動休止」前兆はデビュー当時から? グループ随一の“変わり者”に憶測の声のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!